ニュース
» 2019年11月25日 08時00分 公開

社内の個人契約クラウドを洗い出し:サイバネットシステムが「クラウドリスクアセスメントサービス」を無料提供

サイバネットシステムは、「Netskope」の導入を検討中の企業を対象に、「クラウドリスクアセスメントサービス」の無料提供を始める。企業が利用しているクラウドサービスの利用実績や利用実態に関するレポートを提供する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 サイバネットシステムは2019年11月21日、「クラウドリスクアセスメントサービス」の無料提供を、2020年3月31日までの期間限定で始めると発表した。同サービスは、CASB(Cloud Access Security Broker)ソリューションである「Netskope」の導入を検討中の企業が対象で、企業が利用しているクラウドサービスの利用実績や利用実態に関するレポートを提供する。「従業員がセキュリティに問題があるサービスを知らずに利用している可能性があるが把握できていない」といった問題に対応する。

 総務省の「平成30年通信利用動向調査報告書(企業編)」によると、クラウドサービスを利用している国内企業の割合は58.3%を占め、この値は年々増加傾向にある。サイバネットシステムによると、クラウドの普及に伴い、IT部門を介さずに部門や従業員が直接クラウドサービスを利用する「シャドーIT」の問題が顕在化しているという。

画像 クラウドリスクアセスメントサービス」レポート例

 実際、サイバネットシステムには、「個人でクラウドサービスを契約して利用している従業員がいるので特定したい。個人契約したサービスに機密情報を含むファイルをアップロードされてしまえば、情報漏えいが起こりかねない」といった相談が寄せられているという。

シャドーITの実態を把握

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。