ニュース
» 2019年11月25日 10時00分 公開

既存ツールを統合し、脅威について洞察を得る:ハイブリッドマルチクラウド環境向けのセキュリティ基盤、「IBM Cloud Pak for Security」がリリース

IBMは、ハイブリッドマルチクラウド環境に対応し、既存セキュリティツール群を統合するオープンなセキュリティプラットフォーム「IBM Cloud Pak for Security」の提供を開始した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IBMは2019年11月20日(米国時間)、ハイブリッドマルチクラウド環境に対応したオープンなセキュリティプラットフォーム「IBM Cloud Pak for Security」の提供を開始したと発表した。

 IBM Cloud Pak for Securityは、IBM傘下のRed Hatが提供するKubernetesコンテナプラットフォーム「Red Hat OpenShift」と統合済みのコンテナ化されたソフトウェアプラットフォーム。

 各種のビジネス環境がクラウドへ移行し、マルチクラウドの導入が拡大するにつれて、1つの問題が持ち上がってきた。調査対象となるセキュリティデータがさまざまなツールやクラウド、オンプレミス環境に分散することで、セキュリティ対策が複雑になっていることだ。

 IBM Cloud Pak for Securityの特徴は、インフラから独立して動作する稼働基盤を使用して、顧客の既存セキュリティツール群を統合できること。オープン標準技術の活用により、顧客のハイブリッドマルチクラウド環境全体で脅威インデックスを検出する。そして脅威への効果的な対応を可能にする。

 IBMは、IBM Cloud Pak for Securityの主なメリットを次のように説明している。

セキュリティの「洞察」を獲得できる

 クラウドやオンプレミスなど、さまざまな場所にある全てのデータソースにIBM Cloud Pak for Securityが接続した後、内蔵するフェデレーション検索を使用して、既存のセキュリティツールから組織全体の脅威とセキュリティ侵害の兆候を調査できる。

 顧客のセキュリティツールなどが検出した結果を分析し、「洞察」を導き出すことが可能だ。これにより、多くの情報に基づくリスクベースの意思決定が可能になる。

 分析のためにデータを移動すると、複雑化が起きがちだ。だが、IBM Cloud Pak for Securityではそもそもデータを保管場所から移動する必要がない。

脅威へ迅速に対応できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。