ニュース
» 2019年11月26日 10時00分 公開

RC版前の最終プレビュー版:Microsoft、「PowerShell 7 Preview 6」を公開

Microsoftは、「PowerShell 7 Preview 6」を公開した。Webコマンドレットのエラーチェックスキップや変数のNullチェックのスキップなど、多くの新機能を追加した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年11月21日(米国時間)、「PowerShell 7 Preview 6」を公開した。

 PowerShell 7は、「Windows PowerShell」のオープンソースエディション「PowerShell Core」の次期バージョン。PowerShell CoreはWindows、Linux、macOSで動作し、コマンドラインシェルやスクリプト言語、コマンド処理フレームワークを提供する。

 PowerShell 7 Preview 6は最後のプレビュー版であり、2019年12月にPowerShell 7のリリース候補版(RC:Release Candidate)が公開される見込みだ。RC版では新機能を追加しないものの、コマンドレットに小さな変更を加える可能性がある。さらにバグ修正を行い、バグ修正によっておこる不具合(リグレッション)のリスクを評価する。

 2020年1月には「Long Term Servicing」(LTS)リリースとして、PowerShell 7の一般提供を開始する予定。

 PowerShell 7 Preview 6では、多くの新機能を追加した他、多数のバグが修正されている。主な新機能は次の通り。

Webコマンドレットのエラーチェックをスキップできる

 Webコマンドレットを使うと、内部HTTPレスポンスエラーチェックをスキップできる。HTTPレスポンスヘッダだけでなくレスポンスオブジェクトも含めて、エラーオブジェクトを介することなく、ユーザーが自らWebエラーを処理可能だ。

クリックで再生(出典:Microsoft

変数のNullチェックをスキップできる

 変数のインデックス作成やメソッドの呼び出し、プロパティへのアクセスの前に自動実行される「変数がNullかどうかのチェック」をスキップできる。

クリックで再生(出典:Microsoft

拡張UNIXファイルシステム情報を取得可能に

 LinuxやmacOSでPowerShellを使うユーザーには恩恵がある。「Get-ChildItem」を利用することで、UNIX系OSでいう「ls -l」が出力する詳細なファイルシステム情報を入手できる。

クリックで再生(出典:Microsoft

Windows PowerShell 5.1との互換性が向上

 「.NET Core 3」によって、Windows PowerShell 5.1の既存コマンドレットの多くが復活した。さらに、Windows PowerShellモジュールのインポート機能も改良できた。

クリップボードコマンドレットが復活

 「Get-Clipboard」と「Set-Clipboard」が復活した。さらに、Linux(xclipのインストールが必要)とmacOSでも使えるようになった。

 ただし、PowerShell 7 Preview 6ではどのOS環境でもクリップボードの内容のうち、テキストのみをサポートしている。

クリックで再生(出典:Microsoft

パフォーマンスカウンタコマンドレットも復活

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。