連載
» 2019年11月26日 05時00分 公開

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(62):Officeの更新に起因するトラブル、緊急時の回避策まとめ

今回はWindows 10ではなく、Microsoft Officeの更新管理に関係する話です。Windowsの場合、毎月の品質更新プログラムや年に2回の機能更新プログラムで問題が発生すれば、更新プログラムのアンインストールや以前のバージョンへのロールバックで一時的に対処できます。しかし、Officeの更新で問題が発生した場合は、そう簡単にはいきません。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

2019年11月のOfficeの更新でAccessクエリが破損?

 「Microsoft Office」は、Windowsと同様、毎月第2火曜日(日本では時差の関係で翌水曜日)にセキュリティ修正を含む更新プログラム、または更新バージョンがリリースされます。月次チャネルの製品の場合は、もっと頻繁に更新バージョンがリリースされます。

 Windowsでは、毎月の品質更新プログラムや年に2回の機能更新プログラムの問題が原因で、正常に起動できなくなったり、特定のアプリやデバイスの利用に影響したりする場合がありますが、Microsoft Officeの更新も同様です。Microsoft Officeを業務アプリのフロントエンドとして利用している場合、問題の影響を受けると、日常の業務が完全にストップしてしまい、ユーザーやIT部門ではしばらく混乱が続くことになるでしょう。

 2019年11月12日(米国時間)にリリースされたWindows版Microsoft Officeスイートまたは「Access」アプリの更新では、更新後に一部のクエリ(単一のテーブルに対するWHERE句を用いたUPDATE)が正常に機能しなくなるという問題が発生しました。

 この問題はWindows版Accessのサポート期間中の全バージョン(Accessランタイムを含む)に影響するもので、日本語環境でこの問題の影響を受ける場合、クエリを実行すると「クエリ '<クエリ名>' は破損しています。」と表示され、機能しなくなります(画面1)。

画面1 画面1 2019年11月のMicrosoft Officeの更新後、一部のAccessクエリが正常に機能しなくなった

 この問題の詳細や回避策については、以下のドキュメントで説明されています。2019年11月15日時点でステータスは「修正済み(FIXED)」となっていますが、実際には未修正です。使用中のMicrosoft OfficeスイートやAccessアプリの環境によって違いますが、11月24日ごろ、または12月10日(いずれも米国時間)に修正版のバージョン/ビルドまたは更新プログラムが予定されています。Office 365については、月次チャネルの次期バージョン「1911」で修正される予定となっていますが、半期チャネルや半期チャネル(対象指定)に対する修正版については11月15日時点では示されていません。最新の状況については以下のサイトの更新をチェックしてください。

 Windows版Microsoft Officeは、現在、「Office 2010」以降のバージョンがサポート期間中にあり、提供方法や更新チャネルもさまざまです。そのため、Microsoft Officeの更新で問題が発生すると、問題が解決された更新が提供されるまでの間、一時的に回避する方法もまた環境によって異なります。今回のAccessの問題を良い例として、緊急避難的に問題をいち早く解消する方法を一般化してみました。

 なお、今回は、Microsoft Officeのコンテンツ配信ネットワーク(CDN)を使用する「クイック実行(Click-to-Run、C2R)」版の更新問題に対処する汎用(はんよう)的な手順を紹介します。「Office Deployment Tool(ODT)」を使用した社内ソースからの更新を行っている場合は、限定された範囲で先行的に更新プログラムを展開して評価し、問題がなければ全社展開するという運用になるでしょう。今回はMicrosoft Officeの更新に、ODTやその他の更新管理ツールを使用しない個人や企業を対象としています。

Officeの更新プログラムの問題に関する情報を収集するには

 Windows UpdateやMicrosoft Officeの更新後にOfficeアプリで問題が確認された場合、更新のリリース直後にはなかなか情報が集まりません。Microsoftが重大な問題として認識すると、以下のサイトに問題の詳細や回避策、解決予定などが示されます。英語サイトの方がいち早く最新情報を入手できます。先ほどの「Access error:"Query is corrupt"」のページには、以下の英語サイトの「Windows」の「Access for PC」のページからアクセスできます。

 簡単な回避策(Workaround)で問題に対処できる場合は、その実施を検討します。今回のAccessクエリの問題は、クエリを修正することで対処できますが(画面2)、影響を受けるクエリが膨大な場合や、Accessで作成されたアプリケーションの変更に制限がかかっている場合には回避策の実施は難しいでしょう。その場合は、通常、Microsoft Officeを問題のある更新の1つ前の状態にロールバックすることで回避できます。

画面2 画面2 クエリを修正するという回避策はあるが、影響を受けるクエリが膨大だったり、アプリケーションの変更が制限されたりしている場合には回避策の実施は困難

Microsoft OfficeがMSI版かC2R版かを識別する

 Officeアプリの問題の原因が更新プログラム(MSI向け)または更新リリース(C2R向け)と判明したら、更新プログラムのKB番号または更新リリースのバージョン情報(ビルド番号)を控えます。なお、Officeアプリの問題が、Microsoft Officeの更新ではなく、Windowsの品質更新プログラムの場合もあることに注意してください。実際、2019年8月のWindowsの品質更新プログラムでは、Visual Basic 6.0(VB 6.0)、Visual Basic for Applications(VBA)、Visual Basic Scripting Edition(VBScript)でエラーが発生するという問題があり、この問題はOffice VBAに影響しました。

 その上で、問題の影響を受けるMicrosoft Officeのインストールとそのバージョンを確認します。「Office 2013」以降、Officeアプリの提供方法としては、従来のインストールメディアからインストールするWindowsインストーラー(MSI)版と、オンラインで配信されるクイック実行(C2R)版の2種類が存在します。「Office 2016」以降は、ほとんどの製品がC2R版に移行されました。Office 2010は通常、MSI版です(C2R版は日本市場では提供されていません)。

 使用中のMicrosoft OfficeがMSI版であるか、C2R版であるかは、Officeアプリの1つでメニューから「ファイル」→「アカウント」ページを開き、「Office更新プログラム」の項目があるかないかで確認できます。「Office更新プログラム」の項目がある場合はC2R版で、更新は新しい更新ビルドとしてCDN経由で更新されます(画面3)。

画面3 画面3 月次チャネルのC2R版Microsoft Office 2016の「アカウント」ページ。更新ビルドや新バージョンはMicrosoft Officeコンテンツ配信ネットワークを通じて提供される

 「Office更新プログラム」の項目がない場合はMSI版であり、Microsoft Officeの更新はWindows Updateを通じて個別の更新プログラムとして提供されます(画面4)。なお、C2R版の場合は「アカウント」ページでバージョン/ビルド、更新チャネル(月次、半期チャネル、半期チャネル(対象指定)など)を控えておきます。

画面4 画面4 MSI版Office 2013の「アカウント」ページ。「Office更新プログラム」の項目がない

 C2R版にはさらに、「Office 365」「Microsoft 365」「Office Home」などのサブスクリプション版と、リテール製品である「永続版(perpetual)」があります。サブスクリプション版は「アカウント」ページの「バージョン情報」の項目の下に「新機能」の項目があり、新バージョンで提供される新機能の情報にアクセスできます。永続版には新機能は提供されず、「アカウント」ページに「新機能」の項目は存在しません。

MSI版は更新プログラムのアンインストールで簡単に対処できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。