ニュース
» 2019年12月02日 08時00分 公開

国内民間企業IT市場規模は12兆9180億円:2019年度のIT投資は順調、でも2020年度以降は反動がくる? 矢野経済研究所

矢野経済研究所は2019年度の国内民間企業のIT投資実態と今後の動向に関する調査結果を発表した。2020年度以降は「伸びの反動」を受けると慎重に見ており、緩やかな成長を見込む。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 矢野経済研究所は2019年11月27日、2019年度の国内民間企業のIT投資実態と今後の動向に関する調査結果を発表した。

 矢野経済研究所の推計によると、国内民間企業のハードウェア、ソフトウェア、サービス含むIT市場規模は、2018年度が対前年度比2.8%増の12兆4930億円だった。2018年度はワークスタイル変革に関する取り組みが堅調に推移した他、民間企業の大規模システムの更改が目立った。2020年1月に予定されている「Windows 7」のサポート終了に向けた「Windows 10」への買い替え需要も旺盛だ。

画像 国内民間IT市場規模推移と予測(出典:矢野経済研究所

2019年も継続成長

 同社は、こうした流れが2019年度も続くと見ている。さらに、製造業などでグローバル競争力を強化する機運が高まっており、デジタルトランスフォーメーション(DX)に対するIT投資案件が増加傾向にあると指摘する。金融業でも、「FinTech」と呼ぶITを活用したサービスを展開する企業が拡大基調にあるなど、IT投資は順調だ。2020年度に商用サービスの提供が始まる5G(第5世代移動通信システム)関連の投資も期待できる。

 ただし矢野経済研究所は、2020年度以降は伸びの反動を受けると慎重に見ており、緩やかな成長を見込む。2019年度の市場規模は対前年度比3.4%増の12兆9180億円、2020年度は同1.6%増の13兆1240億円、2021年度は同1.5%増の13兆3200億円と予測する。

IT投資が増えるソフトウェアは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。