ニュース
» 2019年12月03日 08時00分 公開

「グローバル経営層スタディ」発表:「信頼を得た企業は、より多くの顧客データを活用できる」 IBM調査

IBMは、「グローバル経営層スタディ『Build Your Trust Advantage:信頼による卓越』」を発表した。それによると、顧客からの「信頼」を得て、データそのものを「信頼」しつつ、エコシステムでデータ流通に対する「相互信頼」を形成できている企業がDXをけん引していることが分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IBMは2019年12月2日、世界98カ国20業種の経営者1万3000人以上を対象にした、事業や経営のデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けた投資や活動の内容に関する調査「グローバル経営層スタディ『Build Your Trust Advantage:信頼による卓越』」を発表した。今回が20回目になる。

 IBMは「今回の調査によって、業界を問わず、『顧客からの信頼』を得て、『データそのものを信頼』しつつ、『エコシステムでのデータ流通に対する相互信頼』を形成できている企業がDXをけん引していることが分かった」としている。同社は、そうした企業の経営者を「Torchbearer」(先導者)と名付け、その先導者の観点からデジタル時代に求められるリーダーシップの在り方を分析した。

 IBMによると、先導者には次のような4つの特徴があるという。

  1. 先導者は、今回調査対象とした経営者の9%を占める
  2. 事業戦略とデータ戦略を融合させ、データからの価値創出能力が高い
  3. 売り上げ成長率や利益率が競合他社と比較して高い
  4. 業界のイノベーションをリードし、変革活動の成果が競合他社を上回っている
画像 「先導者」は経営者の9%(出典:IBM「Build Your Trust Advantage: Leadership in the era of data and AI everywhere」)

信頼を得た企業は、より多くの顧客データを活用できる

 IBMは、前述の「顧客からの信頼」を獲得するには、顧客データの取り扱いが重要であることを先導者は認識していると説明している。具体的には、顧客データの取り扱いに関する透明性を確保し、説明責任を果たした上で、顧客データによって得られる価値を顧客と企業の双方が享受できるようにする必要があることを認識しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。