ニュース
» 2019年12月03日 04時26分 公開

AWS re:Invent 2019:AWS、音楽作成を通じてAIが学べる「AWS DeepComposer」を発表

Amazon Web Services(AWS)は2019年12月1日(米国時間)、米ラスベガスで開催中の「AWS re:Invent 2019」で、音楽作成を通じてAIの学習ができる「AWS DeepComposer」を発表した。同社は2020年3月に、DeepComposerを利用しやすくするキーボードの一般販売を開始する。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Services(AWS)は2019年12月1日(米国時間)、米ラスベガスで開催中の「AWS re:Invent 2019」で、音楽作成を通じてAIの学習ができる「AWS DeepComposer」を発表した。現時点ではプレビューであり、米国東部(バージニア北部)での限定提供に留まっている。2020年3月に本格提供を始める。同社は同じ2020年3月に、DeepComposerを利用しやすくするキーボードの一般販売を開始する。

 DeepComposerは、DeepLens、DeepRacerに次ぐ、ハードウェアを絡めた機械学習/AI教材シリーズの第3弾。今回はGAN(Generative Adversarial Networks)をテーマとし、音楽作成を通じてこれを学びやすくしている。

「Amazon SageMaker」を使い、モデルの加工や構築ができる

 このツールは、複数のレベルでAIを使った音楽作成を支援する。AWSが提供する構築済みモデルの適用、モデルのカスタマイズ、自身のデータセット持ち込みによるモデルの構築だ。DeepComposerは次のような手順で使える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。