ニュース
» 2019年12月03日 12時40分 公開

システム統合やアプリ開発への活用広がる:2020年の世界AR/VR市場は78.5ポイント増の188億ドルに IDCが予測

IDCが2023年までの「世界のAR/VR市場」の予測を発表した。同社によると、2019年の市場規模は105億ドル、2020年には78.5ポイント成長し、188億ドルに達する見通しだという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDCは2019年11月27日(米国時間)、世界の拡張現実/仮想現実(AR/VR)市場の予測を発表した。2019年の市場規模は105億ドルとなり、2020年は78.5%成長して188億ドルに達する見通しだ。同市場の2019〜2023年の年平均成長率は77.0%とIDCは予想している。

 世界AR/VR市場のこうした成長は、一般消費者向け企業(コンシューマー企業)がけん引する。AR/VR市場でコンシューマー企業が占める割合は、2020年の50%未満から2023年には68.8%に上昇する見通しだ。

画像 2020年の企業種別ごとの市場シェア(出典:IDC

小売業と組み立て製造業での支出が増加

 2020年のAR/VR支出は、15業種で2019〜2023年のAR/VR支出の年平均成長率(CAGR)が100%を超える見通しだ。特に多いと予想される業種は、小売業(15億ドル)と組み立て製造業(14億ドル)。消費者のAR/VR支出は2020年に70億ドルの見込みとどの業種よりも多いが、2019〜2023年の支出の年平均成長率は39.5%の見込みと成長率は企業より低い。

 IDCの欧州産業ソリューション、顧客インサイトおよび分析担当のリサーチアナリスト、ジュリア・カロセラ氏は、次のように説明している。

 「AR/VRの企業市場は急成長が続く。導入コストが下がり、本格展開したときの効果が明らかなためだ。以前は技術的効果が話題になっていたが、今では実際の測定可能なビジネス効果が証明されるようになってきた。こうした効果には、生産性や効率の向上、知識の移転、従業員の安全、より魅力的な顧客エクスペリエンスなどがある」

AR/VR支出の3分の2がハードウェアによるもの

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。