ニュース
» 2019年12月04日 08時00分 公開

コミュニケーションツールの通知にストレス:土日祝日関係なく連絡が来る「メンションハラスメント」を7割が経験 ヌーラボ

ヌーラボは「メンションハラスメントに関する調査」の結果を発表した。コミュニケーションツールの通知にストレスを感じるのは主に受信側で、特にプライベートの時間に受け取った通知にストレスを感じていた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ヌーラボは2019年12月3日、プロジェクト管理ツール「Backlog」のユーザーを主な対象とした「メンションハラスメントに関する調査」の結果を発表した。

 「メンションハラスメント」は、業務コミュニケーションツールを利用する上での通知に関するハラスメント。今回の調査は、受信側と送信側の両方の立場で感じる通知にまつわるストレスについて聞いた。

受信側のストレスが多い

 結果は、「通知に関するストレスを感じたことがある」と回答した割合は74.5%。送信側よりも受信側でストレスを感じる傾向にあり、特にプライベートの時間に受け取った通知にストレスを感じていた。

画像 通知に関するストレスを感じたことがあるか(出典:ヌーラボ

 詳しい調査結果は以下の通り。

 仕事で利用しているコミュニケーションツールで、通知に関連するストレスを感じたことがあるかどうかを聞いたところ、「ある」と回答した割合は74.5%。ストレスを感じた具体的な理由として多かったのは、「プライベートの時間に通知が来て、仕事モードになった」(回答率は56.6%。複数回答、以下同)、「プライベートの時間に通知が来て、返信せざるを得なかった」(48.3%)、「あまり関係のない通知に時間が取られた」(46.3%)、「集中したいときに集中が削がれた」(42.7%)、「通知が多すぎて大事な通知を見逃した」(42.7%)など、どれも受信側の立場だった。特にプライベートの時間に受け取った通知にストレスを感じていた。送信側での理由としては、「相手が通知をストレスに思わないか、通知を送る前にためらった」(41.9%)や「通知したのに返事が来なかった」(41.6%)などが挙がった。

 メンションハラスメントは受信側で顕著だという傾向は、寄せられたメンションハラスメントに関するエピソードからも分かる。エピソードを分類すると、送信側が9.5%、受信側と送信側のどちらもが19.6%なのに対して、受信側は70.9%と圧倒的に多かった。

「あるある」なエピソード

 具体的には、次のようなエピソードがあった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。