ニュース
» 2019年12月04日 09時16分 公開

AWS re:Invent 2019:AWS、「AWS Outposts」を正式リリース、日本でも注文可能

Amazon Web Services(AWS)は2019年12月3日(米国時間)、米ラスベガスで開催中の「AWS re:Invent 2019」で、AWSの一部サービスを顧客拠点で動かす「AWS Outposts」の受注を開始したと発表した。日本からもオーダー可能になっている。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Services(AWS)は2019年12月3日(米国時間)、米ラスベガスで開催中の「AWS re:Invent 2019」で、AWSの一部サービスを顧客拠点で動かす「AWS Outposts」の受注を開始したと発表した。日本からもオーダー可能になっている。VMware Cloud on AWS版は、2020年にリリース予定という。

 日本では、大企業の工場などで、遅延の観点からローカルな処理をクラウド上の処理と併用したい、クラウドを見据えて世界中に展開している工場のITインフラを標準化したいといったニーズが見えているという。スマートシティなどのエッジソリューションとしても、使われるようになる可能性が高いという。

VMware Cloud on AWS版は2020年にrリリース予定

 OutpostsはAWSが2018年のre:Inventで発表したサービス。AWSコンソールから注文すると、AWSからサーバやネットワーク機器、UPSが納められたラック一式が送付される。これをAWSのスタッフが現地で設定する。日本でも、設置・設定作業をAWS所属のスタッフが行うという。

 顧客に設置されたOutpostは、親リージョン(日本の場合は東京リージョン)におけるVPCのサブネットという位置付けになる。顧客側は自身のプライベートIPアドレスプールから、/26のCIDRブロックをこのラックに割り当てる。顧客先のOutpostは、BGPで親リージョンとレイヤー3接続を行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。