ニュース
» 2019年12月06日 19時00分 公開

デバッグに役立つ:FirefoxでJavaScriptを含む動作の記録や巻き戻しが可能に、Mozillaが実験的プロジェクトを推進

Mozillaが実験的プロジェクトとして、「Mozilla Firefox」ブラウザの動作の記録、再生、巻き戻しが可能な「Web Replay」技術を開発している。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Mozillaは実験的プロジェクトとして、「Web Replay」技術の開発を進めている。「Mozilla Firefox」ブラウザのタブでFirefoxの動作を記録し、後で再生したり、巻き戻したりできる技術だ。Webアプリケーション用の「デバッガ」として役立つ技術だ。

 Web Replayでは、記録時のJavaScriptやDOMの構造、CSSの動作をそのまま再生できる。Firefox内蔵のJavaScriptデバッガで再生を検査、制御することが可能だ。

Web Replayの利用例(出典:Mozillaが一時公開していたWebページより)

 Web Replayは数年にわたって開発が続いており、パフォーマンスと安定性について良好なレベルに達しているという。柔軟なアーキテクチャにより、Web開発におけるデバッグや分析を支える極めて強力なプラットフォームを提供すると期待されている。

 2019年11月28日(現地時間)にいったんWeb Replayのページ「Firefox Replay」を公開(https://firefox-replay.com/WebReplay)したものの、直後に非公開に変えた。現在はFirefoxのmacOS用ナイトリービルドでのみ利用でき、メディア要素のような一部の機能が無効となっている。Windows向けFirefoxへの移植作業も進行中だが、まだ正常に機能していないという。

Web Replayを使うには

 Web Replayを有効にするには、開発ツールの設定で「Enable Web Replay」を選択する。Web Replayの機能は、記録中または再生中のタブでのみ利用できる。タブの記録を開始する方法は幾つかある。

  • 開発ツールを開き、二重丸ボタンをクリックする。これでタブの更新後、記録を開始する。タブの記録中はこのボタンが青になる。再びクリックすると、記録を終了する
Web Replayの開始ボタン(出典:Mozilla
  • [ツール]−[ウェブ開発]−[Web Replay]−[Reload and Record Tab]を選択する。開発ツールを開かなくても記録が可能になり、先ほどの手法と同じ効果が得られる
  • [ツール]−[ウェブ開発]−[Web Replay]−[Open New Recording Tab]という操作では、新しいタブを開いて記録を開始する

ライブ巻き戻しを使うには

 記録中にいつでもタブを巻き戻して再生できる。巻き戻しを行うには、開発ツールのデバッガを開き、[Pause]ボタンを押し、[Rewind]ボタンを押す。

ライブ巻き戻しの様子(出典:Mozilla) 左がPauseボタン、右がRewindボタン

 記録した動作を再生中、タブを操作できなくなる。記録とタブ操作を再開するには、[Pause]ボタンを押し、次に青いボタンを押す。

記録を保存し、同じPCで再生するには

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。