ニュース
» 2019年12月10日 08時00分 公開

9割の企業が利用する媒体は?:Web/IT系企業への転職にはどの求人媒体が有効か groovesが調査結果発表

groovesは、ITエンジニアの採用活動をした企業に対して、採用決定経路や採用率を調査した。その結果から推定すると、求人サイトを通じて転職したITエンジニアは4割以上。社員や人材紹介会社など人づても4割を超えた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 groovesは2019年12月9日、ITエンジニアの中途採用に関する採用決定経路や採用率の調査結果を発表した。調査対象は、2019年4月〜2019年10月にITエンジニアの中途採用を実施していた、自社プロダクト開発を行うWeb/IT系企業45社。

 中途採用に利用した求人媒体を調べると、エージェント(人材紹介会社)が最も多く、90%の企業が利用していた(複数選択)。次いで、スカウトが83%、求人サイトへの自己応募が81%、リファラル(社員による推薦)が79%、自社サイトが74%。全体の7割以上の企業が、エージェントやスカウト、リファラル、求人サイト、自社サイトを満遍なく利用していると回答した。

画像 企業が採用に利用した媒体と採用できた割合(出典:grooves

「採用率が高いのはスカウト」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。