連載
» 2019年12月11日 05時00分 公開

Google Chrome完全ガイド:意図しない音声再生で周囲をびっくりさせないためのChrome設定

Webサイトを見ていたら、意図せず音声がオフィス内に流れてしまった、という経験はありませんか? Google Chromeなら全面的にサイトからの音声再生を禁止したり、特定サイトのみ音声再生を許可したりできます。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Google Chrome完全ガイド」のインデックス

連載目次

Google Chromeからの音声再生がうっかりオフィス内に流れないようにしたい! Google Chromeからの音声再生がうっかりオフィス内に流れないようにしたい!

意図しないGoogle Chromeからの音声再生を防ぎたい!

 Webサイトを渡り歩いていると、突然音声が再生されるサイトに出くわすことがあります(海外のニュースサイト内に埋め込まれたビデオなど)。それがPCのスピーカーに出力されてオフィス内にまで再生されてしまい、周囲に迷惑を掛けたことはないですか?

 もちろんPCのスピーカー出力をオフにしておけば、こうしたトラブルは防止できます。しかし、それではエラー発生時の警告音も鳴らなくなるなど、弊害もあるでしょう。

 そこで本稿では、「Google Chrome」(以下、Chrome)で開いたサイトから音声が再生されるのを禁止するための設定を紹介します。さらに、デフォルトでは全サイトで禁止しつつ、一部のサイトだけ許可する設定手順も説明します。

まずChromeの音声再生を全面的に禁止する

 ここではデフォルトで全Webサイトの音声再生を禁止しつつ、一部の特定サイトのみ音声再生を許可するように設定する方法を説明します。

 Chromeで全面的に音声再生を禁止するには、まず右上のメニューボタンをクリックしてメニューを開き、[設定]をクリックします。次に[詳細設定]−[プライバシーとセキュリティ]−[サイトの設定]−[音声]とクリックしていきます(あるいはアドレスバーに「chrome://settings/content/sound」と入力します)。

Chromeで全サイトの音声再生を禁止する(1/4) Chromeで全サイトの音声再生を禁止する(1/4)
Chromeで全サイトの音声再生を禁止する(2/4) Chromeで全サイトの音声再生を禁止する(2/4)
Chromeで全サイトの音声再生を禁止する(3/4) Chromeで全サイトの音声再生を禁止する(3/4)
Chromeで全サイトの音声再生を禁止する(4/4) Chromeで全サイトの音声再生を禁止する(4/4)

 「音声」の設定ページが表示されるので、[音声の再生をサイトに許可する(推奨)]というスイッチを左にスライドしてオフにします(見出しが[音声が再生されるサイトをミュートする]に変わります)。

 設定が済んだら、Chromeで動画サイトを開いて動画を再生してみましょう。どのサイトのどの動画についても、たとえボリュームを最大にしても、PCのスピーカーやヘッドフォンから音声は流れないはずです。

音声再生が禁止されている(ミュートされる)ことを確認する 音声再生が禁止されている(ミュートされる)ことを確認する

 上記の設定は、Chromeの別のユーザー(プロファイル)には効きません。もし他のユーザー(プロファイル)でも禁止したい場合は、そのユーザーに切り替えてから同じ設定をする必要があります。

必要なWebサイトのみ音声再生を許可する

 次に、音声再生が必要なWebサイトには例外として再生の許可を与えます。それにはまず、そのWebサイトを開いてタブを右クリックし、表示されたメニューで[サイトのミュートを解除]を選択します。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。