連載
» 2019年12月12日 05時00分 公開

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(63):WSUSによるWindows 10の機能更新プログラムの配布−バージョン1909版−

Windows 10 November 2019 Update(バージョン1909、ビルド18363、通称:19H2)がリリースされました。現在、Windows Server Update Services(WSUS)でWindows 10 バージョン1903の更新管理を行っている企業は、これまでの機能更新とは異なり、スムーズにバージョン1909に移行することができます。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

Windows UpdateとWSUSにおけるバージョン1903と1909の重要な変更

 Windows Updateおよび「Windows Server Update Services(WSUS)」では、「Windows 10 バージョン1903」以降で重要な変更が行われています。そのことについては、本連載の第50回と第55回で説明しました。

 簡単にまとめると、Windows 10 バージョン1903から、それまでの「半期チャネル(対象指定)」(SAC-T)が廃止され、「半期チャネル」(SAC)に対する一般向けリリースの宣言だけになりました。また、Windows 10 バージョン1903を実行しているPCには、Windows 10 バージョン1909の機能更新プログラムが毎月のセキュリティ更新プログラムと同様のテクノロジーを用いて配布され、機能更新プログラムのダウンロードとインストールにかかる時間が大幅に短縮されることが予告されていました。

 WSUSを使用したWindows 10 バージョン1909の機能更新プログラムの配布がこれまでとどう変わるのか、実際のところを確かめてみましょう。変わるというよりは、今回は「新しい配布オプションが1つ増える」といった方がよいかもしれません。

 なお、Windows 10 バージョン1809以前を実行しているWSUSクライアントに対する機能更新プログラムの配布はこれまでと変わりません。また、Windows 10 バージョン1909を実行しているWSUSクライアントへの2020年春に予定されている、通称「20H1」の機能更新プログラムの配布もまた、これまでと変わりません。

 20H1を実行しているWSUSクライアントへの2020年秋に予定されている、通称「20H2」の機能更新プログラムの配布については、まだ何も決まっていないようです。つまり、今後の機能更新プログラムが、毎回、今回のような形で提供されるということではありません。現時点でいえるのは、今回限りかもしれない、うれしい選択肢が1つ増えたということです。

バージョン1909のための新たな「製品と分類」の追加はなし

 通常、Windows 10の新しい機能更新プログラムが利用可能になると、WSUSの「製品と分類」にはWindows 10の新バージョンに対する新たな製品が追加されます。例えば、Windows 10 バージョン1903のリリース時には「Windows 10, version 1903 and later」という製品が追加されました。

 今回のWindows 10 バージョン1909については、新たな製品の追加はありません。Windows 10 バージョン1909は、1つ前のバージョンと同じ「Windows 10, version 1903 and later」でカバーされます(画面1)。その理由については、この後の説明で納得できると思います。

画面1 画面1 Windows 10 バージョン1909に対応する新たな製品はなく、「Windows 10, version 1903 and later」でカバーされる

バージョン1903と1909の累積更新プログラムは共通

 Windows 10 バージョン1903の詳細なビルド番号は「18362.x」、Windows 10 バージョン1909は「18363.x」です。ビルド番号は1つだけインクルメント(増量)され、品質更新の更新レベルを示すリビジョン番号(.x)の部分は共通になります。実は、Windows 10 バージョン1903とバージョン1909のOSの大部分には変更がなく、サービススタック(Windowsのバイナリ)も共通で、Windows 10 バージョン1909ではこれまでの品質更新で追加された新機能が有効化されているという形になります。

 「サービススタックが共通」とは、毎月の品質更新プログラムもまた共通ということです。以下の画面2画面3は、Windows 10 バージョン1903とバージョン1909に2019年11月に配布されたセキュリティ更新プログラム「KB4524570」のファイル情報を、WSUSのコンソールで確認したものです。WSUS上では別の更新プログラムとして表示されますが、更新プログラムのパッケージファイル(.cab)は同じものであることが分かります。

画面2 画面2 Windows 10 バージョン1903(x86)用のセキュリティ更新プログラム「KB4524570」。更新プログラムのパッケージはバージョン1909のものと同じ
画面3 画面3 Windows 10 バージョン1909(x86)用のセキュリティ更新プログラム「KB4524570」。更新プログラムのパッケージはバージョン1903のものと同じ

バージョン1903だけに配布できる「機能有効化パッチ」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。