ニュース
» 2019年12月12日 08時00分 公開

機械が人の能力を引き出す?:「人のモチベーションを高めるAI」をオムロンとスクウェア・エニックスが共同研究

オムロンとスクウェア・エニックスは、人のモチベーションを高めるAIを共同研究する。卓球ロボットに実装して、卓球を通じてコミュニケーションを交わすことで、機械が人の能力を引き出せるようにする。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 オムロンとスクウェア・エニックスは2019年12月10日、人のモチベーションを高めるAI(人工知能)について共同研究を開始すると発表した。脈拍や体温といった人から取得する情報(バイタルデータ)を基に、モチベーションを高めるよう、人に対してフィードバックするAIアルゴリズムを開発し、機械が人に成長を促す技術の確立を目指すとしている。

 オムロンはこれまで、2013年に開発した卓球ロボット「フォルフェウス」を通じて、「センシング&コントロール+Think」と呼ぶ同社のコア技術を高めてきた。最新の第5世代フォルフェウスは、AIやロボティクス技術を活用して、プロ選手とラリーが可能なほどの卓球スキルを備えた。さらに、対戦相手を理解して一人一人に最適な返球やアドバイスを出すなど、コーチングもできるようにした。

画像 卓球ロボット「フォルフェウス」(出典:オムロン

俯瞰的な視点でコントロール

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。