連載
» 2019年12月18日 05時00分 公開

山市良のうぃんどうず日記(168):わが家/筆者もようやく、ADSLとガラケーから卒業

前回は1人暮らしを始めた子どものために、筆者が準備した毎月の更新管理の簡素化と緊急時のリモート対応環境を紹介しました(もし子どもの方がPCが得意なら逆方向で)。この機会にわが家と筆者の通信環境も見直すことに。ADSLサービス終了の通知が来ているけどどうしようと考えている方の参考になればと思いレポートします。先に言っておくと、わが家のインターネット環境と筆者の携帯電話の具体的な月額料金が出てきますが、他の多くの方とは状況が大きく異なるだろうことは無視してください。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

山市良のうぃんどうず日記

きっかけは田舎の縁側でも○○WiMAXの電波が良好だったこと

 メタル回線の公衆電話網を利用するNTT(日本電信電話)の「フレッツADSL」は、2023年1月31日をもって「フレッツ光」提供エリアにおけるサービス提供を終了します。後3年ありますが、15年前からフレッツADSL(電話共用タイプ)を利用しているわが家にも、数年前からパンフレットや電話による案内が繰り返しくるようになりました(写真1)。

写真1 写真1 フレッツADSL契約者のわが家に送られてきたサービス終了案内

 フレッツADSLから「何に変えるか」と考えると、やはりフレッツ光しかないのかなと漠然と考えていたのですが、筆者のインターネット利用にフレッツADSLの帯域が足りないということもありません。フレッツ光や「ひかり電話」が出てきたときには、電話加入権をうやむやにしながら、ひかり電話にすればフレッツ光とセットでほとんど月額が変わらないというセールストークが気に入らなかったこともあり、15年間、契約を変更することもなくフレッツADSLを利用してきました。

 ADSLルーターとADSLスプリッターはNTTからのレンタル品です。ここ数年、日によっては数分おきに切断されるという障害に悩まされることもありましたが、どこかで工事をしているんじゃないか、天気の影響ではないか、などとごまかしてきました。よく考えると15年近く(途中、故障のため同一品に交換)、電源を入れっぱなしの機器の問題なのかもしれません(写真2)。

写真2 写真2 10年以上使っているADSLルーター。機嫌が悪いときは数分おきに切れる

 15年間放置してきたという、そんなずぼらな筆者(家族の中で筆者だけフィーチャーフォン)が通信環境の見直しに踏み切ったのは、1人暮らしの子ども(大学生)のインターネット環境のために「○○WiMAX」(WiMAX回線の提供業者は複数あり、料金もそれぞれなので○○としておきます)を契約したのがきっかけの一つでした。

 岩手県の温泉地に近い山沿いのわが家でセットアップしたのですが、意外にも電波状況が良好だったのです(画面1)。最終的にこの機器を利用することになる都市部のアパートの部屋よりも、各段に良好でした。Googleのインターネット速度テスト(Googleで「インターネット速度テスト」または「スピードテスト」と検索)では、ダウンロード40〜70Mbps、アップロード4〜7Mbpsと、「高速」または「非常に高速」という結果でした(画面2)。どちらもフレッツADSLの最大時の数倍です。

画面1 画面1 1人暮らしの子ども(大学生)用のインターネット環境をわが家(岩手県花巻市、山沿い)でセットアップ。電波状況が良好(アプリは家族のスマートフォンで)
画面2 画面2 インターネット速度も良好。フレッツADSLの最大よりも数倍速い

フレッツ光と○○WiMAXどちらにするか?

 電波状況が良好なことが分かったので、フレッツADSLの代替として○○WiMAXも有力な候補になりました。○○WiMAXの「ギガ放題プラン」なら、家での仕事にも支障はないはずです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。