ニュース
» 2019年12月26日 08時00分 公開

プライバシー保護の善しあしが企業の評価基準に:レノボのCOO、Gianfranco Lanci氏が「2020年以降のテクノロジートレンド」を予測

レノボのGianfranco Lanci氏は、2020年以降のテクノロジートレンドを予想した。5Gや折りたたみデバイス、教育へのAR(拡張現実)/VR(仮想現実)の浸透、クラウドゲーミングの普及などを挙げた。

[@IT]
画像 レノボのジャンフランコ・ランチ氏(出典:レノボ

 レノボのコーポレートプレジデントでCOO(最高執行責任者)を務めるGianfranco Lanci(ジャンフランコ・ランチ)氏は2019年12月24日、2020年以降にトレンドになるとみられる技術予測を発表した。5G(第5世代移動通信システム)や折りたたみ可能なモバイル機器といった技術面に加え、ワークスタイルの革新や医療の地域間格差など市民生活に関することにも言及した。

 ランチ氏が予測した技術トレンドのトップ5は次の通り。

「2020年は5Gの年になる」

 ランチ氏は、4Gの100倍以上に当たる10Gbpsの通信速度が出る5Gにより、SFのような世界が現実になるとしている。

 企業は、従業員の生産性向上や生産設備の効率的運用、収益力の強化に向けて、製造拠点にローカル5Gでネットワークを構築する。医療分野では、医師がロボット装置を操作して、遠隔地の患者に対して手術できるようになる。日常のビジネスでは、リモート会議に自分のホログラムを出席させられるかもしれない。

 ランチ氏は、5G時代のPCはモバイル環境でも常にネットワークにつながっているとしており、バッテリー駆動時間が大幅に伸びるとともに、音声やペンでの入力が当たり前になると予測する。大画面やキーボード入力が必要な業務はPCの独壇場だ。ネットワークのエッジ側にいるユーザーの生産性を高め、信頼できるツールであり続ける。

「折りたたみデバイスがモバイル機器の革命をもたらす」

 2020年には、折りたたみ可能なデバイスが登場する。画面を折りたためれば、スマートフォンの携帯性と、ノートPCの生産性や作業のしやすさを併せ持つ機器が作れる。

 ランチ氏は、企業のグローバル化が進みテレワークや出張の機会が増える中、従業員は業務の生産性を高める技術を求めていると分析する。それには使いやすく、携帯性に優れた機器が必要だ。折りたたみデバイスが、こうしたニーズを満たすとしている。

「CXの向上をAI(人工知能)が支える」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。