ニュース
» 2019年12月27日 17時30分 公開

Webに欠けた技術は何か:「なぜWebブラウザ間には互換性がないのか」、Mozillaが開発者ニーズをレポート

Mozillaは、世界のWebデザイナーと開発者を対象とした年次ニーズ調査「The MDN Web Developer Needs Assessment(DNA)」の第1回目を実施、レポートを公開した。例えば、米国や中国、インド、ブラジル、フランス、日本、ロシアのWeb開発者が一致して、Webブラウザの互換性維持を仕事の中で最も不満の多い部分だと評価していることが分かった。この他、Webに欠けている技術も分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Mozillaは2019年12月17日(米国時間)、世界のWebデザイナーと開発者の年次ニーズ調査「The MDN Web Developer Needs Assessment(DNA)」をレポートにまとめて、公開した。DNA調査は今回が第1回となる。

 世界173カ国から調査に協力した開発者の属性は、大きく4種類に分かれた。フルスタック(57.1%)と主にJavaScriptを用いるフロントエンド(43.1%)、主にCSSとHTMLを用いるフロントエンド(33.3%)、バックエンド(11.7%)などだった。3年以上の経験がある開発者が67.2%を占めていた。

 今回の調査には7万6118人のWebデザイナーと開発者が回答し、このうち37.4%に当たる2万8474人が完全回答だった。調査レポートはこの2万8474人の回答にのみ基づいている。

 レポートでは調査分析に基づいて、28のニーズを特定した。さらに不満の大きさに従ってランキングを作成した(最も不満の大きいニーズが1位)。ランキングの5位までのうち、4つ(1、3、4、5位)がWebブラウザ間の互換性に関連していた。

  • (1)Internet Explorer 11などの特定のWebブラウザをサポートしなければならない
  • (2)フレームワークやライブラリのドキュメントが古くなっている、または不正確だ
  • (3)Webブラウザが異なると動作しない機能を回避し、削除する手間がかかる
  • (4)各種Webブラウザでのテストに手間がかかる
  • (5)複数のWebブラウザではデザインや機能性の統一が困難
  • (6)テスト時に見つからなかったバグが後から見つかる
  • (7)同じコードベースで複数のフレームワークをサポートしなければならない
  • (8)新規または既存の多数のツールやフレームワークへ対応しなければならない
  • (9)ユーザーデータを法令に準拠して管理しなければならない
  • (10)セキュリティ対策を理解し実装することが容易ではない

Webブラウザの互換性へのニーズが最も高い

 ニーズを調査する際、制約付きの自由回答形式を用いた。「私は××という属性の技術者で××を開発しようとしている。だが、××という問題があり、これが××を引き起こしている。このため、××だと感じている」という文章のうち、「××」の部分を埋める形だ。

 このような回答形式を採ったにもかかわらず、不満を感じている問題のトップ10は似通ったものになった。特にブラジルと中国、フランス、インド、日本、ロシア、米国のWeb開発者が、一致してフラストレーションを感じるとして1位に挙げたのが、「特定のWebブラウザをサポートしなければならない」という課題だ。性別や経験年数、JavaScriptを主に使うフロントエンジニアなのか、CSS/HTMLなのかによっても1位は変わらなかった。

7カ国の開発者の不満が1位のニーズに集中した(出典:Web DNA Report 2019)

「IEは私に対する呪い」「Webブラウザの互換性は悪夢」――Webデザイナーや開発者の悲痛な声

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。