連載
» 2020年01月06日 05時00分 公開

Tech TIPS:【Windows 10】「付箋」アプリで予定忘れを防ぐ

Windows 10に標準装備されている「付箋」アプリを使うと、備忘録などをデスクトップに表示しておける。Microsoftアカウントでサインインすれば、スマートフォンと同期することも可能だ。その使い方を紹介しよう。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10


付箋紙では大事なメモがなくなることも…… 付箋紙では大事なメモがなくなることも……
このようにディスプレイの枠に付箋を貼って、備忘録にしている人も多いのではないだろうか。付箋紙を使うよりも、「付箋」アプリを使って、デスクトップに貼り付けておくと便利だ。

 机の上のディスプレイの枠に、付箋紙(ポスト・イット)で予定や連絡などを貼っている人も結構多いのではないだろうか。長期間貼っているとのりが弱くなって、いざ見ようと思ったときになくなってしまっていた、といった経験を持つ人も多いだろう。

 付箋紙を貼らなくても、「Windows 10」の標準アプリである「付箋」アプリを使えば、デスクトップ上に大事な予定などを貼っておくことが可能だ。なお付箋アプリは、一時、「Sticky Notes」に名称が変更されたが、日本語版Windows 10のアプリ名としては再び「付箋」に戻っている。

 原稿執筆時点の最新バージョンは「Sticky Notes 3.7.71.0」で、Microsoftアカウントとの連携による同期機能などが実装されている(詳細は後述)。本Tech TIPSでは、この「付箋」アプリの使い方を紹介する。

「付箋」アプリを起動する

 「付箋」アプリは、[スタート]メニューの「は」行の項目にある[付箋]を選択することで起動できる。もし見つからなければ、Microsoft Storeからインストールできる。それには次のURLをWebブラウザで開いてから[入手]ボタンをクリックし、画面の指示に従ってMicrosoft Storeアプリに移ったら、そこで[入手]ボタンをクリックする。

 付箋を初めて起動すると、Microsoftアカウントによるサインインが求められる。ここでサインインすることで、付箋のメモがクラウド上(outlook.comの受信トレイの[メモ])に保存されるようになる。

 このダイアログでサインインせずに、右上の[×]アイコンをクリックして閉じるか、または[今はしない]リンクをクリックすると、付箋のメモはローカルに保存されるようになる(サインインしていない状態だと同期機能は利用できない)。

「付箋」アプリを起動する(1) 「付箋」アプリを起動する(1)
[スタート]メニューの[付箋]を選択する。
「付箋」アプリを起動する(2) 「付箋」アプリを起動する(2)
初回はMicrosoftアカウントのサインインを求められる。ここでサインインすると、メモがクラウド上に保存されて、スマートフォンなどと同期できるようになる。サインインしたくない場合は、右上の[×]アイコンをクリックするか、または[今はしない]リンクをクリックすると、メモがローカルに保存されるようになり、同期も行われない。
「付箋」アプリを起動する(3) 「付箋」アプリを起動する(3)
左上の[+]アイコンをクリックすると、デスクトップ上に付箋が表示される。

メモを書き込む

 デスクトップ上に付箋が表示されたら、「メモを作成する…」とグレーで書かれた部分をクリックし、メモを書き込めばよい。文字は、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」「行頭文字(・)の表示/非表示」などの修飾が可能だ。また、写真を貼り込むこともできる。

メモを書き込む メモを書き込む
メモは、太字や取り消し線などの装飾も行える。画像を貼り込むことも可能だ。

 付箋は複数表示させることが可能で、別の付箋を追加したい場合は、すでに表示されている付箋の左上の[+]アイコンをクリックすればよい。

付箋を管理する

 付箋の右上の[×]アイコンをクリックすると、付箋を閉じることができる。これは単にウィンドウを閉じるだけで、メモは削除されていない。全ての付箋を閉じると、タスクバーから[付箋]アイコンが消えてしまう。

 再び、付箋を表示するには、[付箋]アプリを起動する。この際、付箋は1つしか表示されないので、別の付箋を表示するには、付箋の[…]アイコンをクリックし、表示されたメニューで[メモの一覧]を選択する。

 付箋の[プレビュー]画面が開くので、メモの一覧から目的の付箋をダブルクリックすれば、デスクトップ上にその付箋が再表示される。この[プレビュー]画面では、メモを検索したり、削除したりすることもできる。

付箋を管理する(1) 付箋を管理する(1)
付箋の[…]アイコンをクリックする。
付箋を管理する(2) 付箋を管理する(2)
メニューが表示されるので、[メモの一覧]を選択する。
付箋を管理する(3) 付箋を管理する(3)
[プレビュー]画面が開くので、閉じている付箋を再表示したい場合は、そのメモをダブルクリックする。
付箋を管理する(4) 付箋を管理する(4)
[プレビュー]画面では、メモを閉じたり、削除したりすることが可能だ。また、メモの検索もできる。

インサイトは機能しないので注意

 [プレビュー]画面の[歯車(設定)]アイコンをクリックすると、付箋の[設定]画面が開く。Microsoftアカウントにサインインしていない場合は、ここでサインインできる。逆にサインインしている場合は、サインアウトすることも可能だ。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。