ニュース
» 2020年01月07日 08時00分 公開

大型イベントによって高まるセキュリティ需要:2023年まで堅調推移 IDCが国内セキュリティ市場を予測

IDC Japanによると、国内セキュリティ市場は2023年まで堅調推移する見込み。2018〜2023年の年間平均成長率は、セキュリティソフトウェア市場が3.4%、セキュリティサービス市場が4.4%と予測する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2019年12月26日、国内のソフトウェアとアプライアンス製品を含めた情報セキュリティ製品市場とセキュリティサービス市場について、2019年上半期までの実績に基づいた2023年までの予測を発表した。

 2019年のセキュリティソフトウェア市場は、2018年よりも高い成長率を示す見込みだ。2019年の市場規模は、対前年比3.8%増の2638億円。ソフトウェア製品は、特にSaaS(Software as a Services)型セキュリティソフトウェアの伸びが著しく、IDCは対前年比14.5%増の325億円と予測する。

画像 2016年〜2023年の国内情報セキュリティ市場 製品セグメント別売上額予測(出典:IDC

 2018年に成長率が高かった企業向けエンドポイントセキュリティとメッセージングセキュリティは、その反動で成長率が鈍化するが、家庭向けPCの出荷台数が増えていることに加え、クラウド向けセキュリティ製品への需要が高い。

 これに対してIDCは「セキュリティアプライアンス市場は、2018年に引き続きUTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)製品が市場をけん引するものの、需要は低下する」と予測する。IT環境のクラウド移行が進んでおり、メッセージングセキュリティやWebセキュリティを中心にSaaS型への移行が進んでいるためだ。

 一方、「セキュリティサービス市場は、IT環境の移行が進んでいるクラウドへのセキュリティシステムの構築や運用管理サービスの需要が拡大する」とIDCは予測する。2019年の市場規模は、対前年比4.9%増の8275億円の見込みだ。

2020年以降はサイバー攻撃対策製品の需要が拡大

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。