ニュース
» 2020年01月10日 12時50分 公開

ビジネスと科学の実用的な用途の探求に利用:「IBM Q Network」の参加組織が100を突破 IBM

IBMは2020年1月8日(米国時間)、特定組織を対象にした「『IBM Qシステム』をクラウドで利用可能にするネットワーク」である「IBM Q Network」への参加組織が100を超えたと発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 2020年1月8日(米国時間)、IBMは汎用(はんよう)量子コンピューティングシステム「IBM Qシステム」をクラウドで利用できるネットワーク「IBM Q Network」の参加組織が100を超えたと発表した。

 IBM Q Networkに参加する組織の業種は、航空、自動車、銀行、ファイナンス、エネルギー、保険、素材、エレクトロニクスなど多岐にわたる。今回新たに参加し、量子コンピューティングの実用的な用途の検討に乗り出した企業には、保険企業のAnthem、航空企業のDelta Air Lines、金融機関のGoldman SachsやWells Fargo、天然ガスを扱うWoodside Energyなどが名を連ねている。

画像 IBM Q外観(出典:IBM

新たな参加組織には学術機関も

 IBM Q Networkにはこうした業界大手企業に加え、学術研究機関、国立研究所、新興企業も参加している。新たに参加したこうした組織には、ジョージア工科大学、スタンフォード大学、ロスアラモス国立研究所、ITサービスを提供するAIQTech、音楽関連サービスを提供するBeit、コンピュータハードウェアを扱うQuantum Machines、電子取引サービスのTradeteq、測定機器を扱うZurich Instrumentsなどが含まれる。

 IBM Q Networkによるシミュレーションの累計実行回数は数千億回に上る。その結果、実用的な量子アプリケーションに関する200以上の研究論文がサードパーティーによって発表されているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。