Special
» 2020年01月08日 10時00分 公開

マルウェアの「すり抜け」に根本的な対策を:Menlo Security CEOが語る、リスクだらけのWebを浄化する最新技術

サイバー攻撃は年々増加、巧妙化しており、従業員への教育、啓発やアンチウイルス製品の導入だけでは対応が難しい。後追いで検知するのではなく、より根本的な対策はないだろうか?

[PR/@IT]
PR

 企業のセキュリティ担当者と攻撃者とのイタチごっこが続いている。企業が新しい対策技術を導入しても攻撃者はそれを上回る攻撃をすぐに仕掛けてくる。「何をやっても防ぐことができない……」。企業の担当者の中には無力感も漂う。

 攻撃者の姿も変化している。従来の愉快犯的な攻撃者から、明確に金品を盗み取ることが目的だったり、産業スパイとして情報を盗み取ることを目的にしたりと、犯罪のプロフェッショナル度が上がっている。もはや、企業が自らの努力でどうにか対策できるレベルを超えているとの指摘もある。それでもビジネスにおける情報の重要性が増す中で、企業は守りを固める必要がある。

 その中、公的機関や金融機関など情報の保護をより重視する組織で注目されている技術が「Web分離」だ。高度化する攻撃に対する決定打となるのか? 識者が解説する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社インターネットイニシアティブ、メンロ・セキュリティ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。