連載
» 2020年01月14日 05時00分 公開

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(96):Server Coreベースの仮想マシンを日本語化する方法[バージョン1809以降編]

Azure Marketplaceで提供されている「Windows Server半期チャネル」(SAC)のイメージや「長期サービスチャネル」(LTSC)のServer Coreイメージは、英語(en-us)版のインストール環境です。今回は英語版のServer Core環境を日本語化する手順を紹介します。なお、これは筆者が試行錯誤した手順であり、実際には必要のない手順が含まれる可能性や、より簡単な方法がある可能性もあります。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

英語版Server Coreも日本語化できる!

 「Microsoft Azure」のパブリックイメージは、英語版(en-us)であり、既定の表示/入力言語とシステムロケールが英語(米国)です。また、仮想マシンのデプロイ先のリージョンに関係なく、国と地域は「米国」、タイムゾーン「UTC(協定世界時)」でセットアップされています。

 長期サービスチャネル(LTSC)バージョンのWindows Serverのデスクトップエクスペリエンス環境は、オンラインで日本語サポートを追加することで、表示言語、入力言語、システムロケールを変更して日本語化できます。「Windows Server 2019」の場合の手順については、本連載第67回で説明しました。

 LTSCバージョンのWindows Serverのパブリックイメージとしては、デスクトップエクスペリエンス環境とServer Coreインストール環境が用意されています。また、Windows Server 半期チャネル(SAC)のインストールオプションはServer Coreインストールのみです。

 今回は、前回「Windows Server, version 1909 with ContainersをJSONテンプレートからデプロイする方法」で、カスタムテンプレートからデプロイした「[smalldisk]Windows Server, version 1909 with Containers」相当のServer Coreインストール環境を日本語化してみます(画面1)。

画面1 画面1 前回作成した「[smalldisk]Windows Server, version 1909 with Containers」相当のAzure仮想マシン。既定の表示/入力言語とシステムロケールは「英語(米国)」

 同じ手順で、バージョン1809以降のLTSCのServer CoreイメージおよびSACイメージを日本語化できます。具体的にはAzure Marketplaceで利用可能な以下のイメージです。それ以前のバージョンについては確認していません。

  • Windows Server 2019 Datacenter Server Core with Containers
  • Windows Server 2019 Datacenter Server Core
  • [smalldisk]Windows Server, version 1809 with Containers
  • [smalldisk]Windows Server, version 1903 with Containers
  • [smalldisk]Windows Server, version 1909 with Containers(2019年12月末時点未提供)

 本稿で紹介する手順は、日本語版Windows ServerのServer Coreインストール環境をオンプレミスで新規インストールしたものと比較しながら、筆者が試行錯誤をして得た手順です。実際には必要のない設定が含まれる可能性がありますし、より簡単な方法があるかもしれません。

 この手順では、Windows Serverの各バージョンに対応した言語パックを必要とします。言語パックのISOイメージは一般公開されていません(Windows Server 2019/Windows Server, version 1809用の言語パックに限り、こちらのサポート情報ページから誰でも入手できます)。ボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)、Visual Studioサブスクリプション、OEMシステムビルダーなどに対してダウンロード提供されています。

 Windows Server 2019およびWindows Server, version 1809には、「Windows Server 2019 Language Pack」のISOイメージに含まれるパッケージを使用します。Windows Server, version 1903と1909は共通で、「Windows Server, version 1903 Language Pack」のISOイメージに含まれるパッケージを使用します。日本語言語パックパッケージは、ISOイメージの「\x64\langpacks」ディレクトリにある「Microsoft-Windows-Server-Language-Pack_x64_ja-jp.cab」です。このパッケージが利用できることを前提に説明します。

Server Coreアプリ互換性オンデマンド機能を追加する(オプション)

 Server Coreインストール環境は、GUI(グラフィカルユーザーインタフェース)のデスクトップ環境を削除した環境であり、ローカル環境では、コマンドプロンプトやWindows PowerShellのコマンドラインから管理操作を行います(例外的に「メモ帳」や「レジストリエディター」など、幾つかのGUIツールを搭載しています)。

 しかし、Windows Server 2019およびWindows Server, version 1809からは、「Server Coreアプリ互換性オンデマンド機能(Server Core App Compatibility Features on Demand)」が利用可能になり、「エクスプローラー」や幾つかの「Microsoft管理コンソール(MMC)」「Internet Explorer 11」がServer Coreインストールでも利用可能になりました。

 Server Coreアプリ互換性オンデマンド機能を追加しておくと、ダウンロード操作やファイル操作、ISOイメージのマウント、ディスクの管理、その他の管理操作が楽になります。この機能は、Windows PowerShell(コマンドプロンプトから「start powershell」と入力して開始できます)で、以下のコマンドラインを実行してOSを再起動することで、オンラインで追加することができます(画面2)。

Add-WindowsCapability -Online -Name ServerCore.AppCompatibility~~~~0.0.1.0
Add-WindowsCapability -Online -Name Browser.InternetExplorer~~~~0.0.11.0
Restart-Computer
画面2 画面2 Server Coreインストール環境にServer Coreアプリ互換性オンデマンド機能を追加する

日本語言語パックをインストールする

 Azure仮想マシンのWindows Serverを再起動したら、Server Coreインストール環境に日本語言語パックをインストールします。

 Azure仮想マシンに言語パックのISOイメージ(約2.5GB)をダウンロードして、Windows PowerShellの「Mount-DiskImage」コマンドやServer Coreアプリ互換性オンデマンド機能で追加されたエクスプローラー(Explorer.exe)を使用してISOイメージをローカルマウントしてもよいのですが、既に手元にISOイメージがある場合は「\x64\langpacks」ディレクトリにある「Microsoft-Windows-Server-Language-Pack_x64_ja-jp.cab」をリモートデスクトップ接続経由でコピーする方が早いです。このパッケージファイルだけなら60MB程度のサイズのコピーで済みます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。