連載
» 2020年01月16日 05時00分 公開

Tech TIPS:【Windows 10】「今日ネット遅くない?」のトラシューに備える方法

特定の時間帯にインターネットの接続速度が低下するなど、障害が発生しているような場合、どの程度の低下なのかを継続的に計測していないと管理者や接続プロバイダーに報告できないだろう。そのような場合に簡単にインターネットの接続速度を計測できるサービス/アプリを幾つか紹介しよう。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10


Microsoft製のネットワーク速度計測アプリ Microsoft製のネットワーク速度計測アプリ
Microsoft Storeアプリの「Network Speed Test」は、簡単にインターネットの接続速度が計測できる。

 インターネットの接続速度が遅くなったような気がする、特定の時間になるとインターネットの速度が遅くなる、と感じても、きちんと普段からネットワーク性能を計測していないと、管理者やインターネット接続プロバイダー(ISP)のサポート窓口に相談することもできないだろう。

 そこで、本Tech TIPSでは、インターネットのネットワーク性能を計測する方法を紹介する。

Webブラウザで手軽に性能計測

 Webブラウザで簡単にインターネットのネットワーク性能が計測できるサービスも数多く提供されているので、こうしたサービスを利用してもよい。ただ、サービスによっては、大量の広告が表示されたり、計測に際して郵便番号や利用している回線の選択が必要になったりするものもある。「インターネット速度テスト」といった用語で検索して、実際に試しながらよさそうなものを選択するとよい。

 ここでは、使い勝手がよい3つのサービスを取り上げる。なお、これらのサービスはいずれもスマートフォン上のWebブラウザでも実行可能だ。

Google検索で簡単にインターネットの速度計測

 一番手軽な方法は、Google検索で「スピードテスト」と検索して、一番上に表示される「インターネット速度テスト」の[速度テストを実行]ボタンをクリックすることだ。Webブラウザ上に[インターネット速度テスト]ダイアログが表示され、ネットワーク性能が計測できる。

Googleのインターネット速度テスト(1) Googleのインターネット速度テスト(1)
Google検索で「スピードテスト」などと検索すると、結果として一番上に「インターネット速度テスト」が表示される。この結果にある[速度テストを実行]ボタンをクリックすると、インターネットの速度計測が実行できる。
Googleのインターネット速度テスト(2) Googleのインターネット速度テスト(2)
Webブラウザ上に[インターネット速度テスト]ダイアログが表示され、ネットワーク性能が計測できる。結果は保存されないので、メモ帳などで記録しておくとよい。

Netflixの計測サービス「Fast.com」

 映像ストリーミング配信事業会社の「Netflix」が提供している「Fast.com」などを使うのもよい。

 Webページを開くと、自動的にインターネットの速度テストが実行される。テストが完了すると、ダウンロード速度が大きく表示される。レイテンシ(遅延)やアップロード速度を確認したい場合は、[詳細を表示]ボタンをクリックすると表示される。また[詳細を表示]ボタンをクリックした後の画面で、[設定]をクリックすると、並列接続数やテスト時間などの設定も可能だ。

Fast.comによるインターネット速度計測(1) Fast.comによるインターネット速度計測(1)
Netflixが提供する計測サービス「Fast.com」は、広告表示などもなく非常にシンプルな画面構成となっている。
Fast.comによるインターネット速度計測(2) Fast.comによるインターネット速度計測(2)
[詳細を表示]ボタンをクリックすると、この画面が表示される。レイテンシやアップロード速度などが確認できる。
Fast.comによるインターネット速度計測(3) Fast.comによるインターネット速度計測(3)
前の画面で[設定]をクリックすると、接続数やテスト時間などの設定が変更できる。

 Fast.comは、最低限の情報提供しか行われないが、広告表示もなく、シンプルな画面構成となっていて分かりやすい。

比較的高機能なOoklaの「SPEEDTEST」

 Ooklaが提供している「SPEEDTEST」は、Webページに多くの広告が表示されるものの、計測に利用するサーバが選択できたり、アカウントを作成しておくと計測結果が保存できたりするなど、比較的機能が豊富だ。

SPEEDTESTによるインターネット速度計測(1) SPEEDTESTによるインターネット速度計測(1)
SPEEDTESTは、広告表示が多いものの、サーバが選択できたり、アカウントを作成しておくと計測結果が保存できたりするなど、比較的機能が豊富だ。「Change Server」をクリックすると、接続先のサーバが変更できる。
SPEEDTESTによるインターネット速度計測(2) SPEEDTESTによるインターネット速度計測(2)
計測結果は、アカウントを作成して、ログインすると保存できる。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。