ニュース
» 2020年01月22日 19時00分 公開

「APIは著作権で保護されない」と主張:AndroidはJavaのAPIを無断で利用してもよいのか? Oracle有利の決定にRed HatとIBMが異議

Red HatはIBMと共同で米国連邦最高裁判所に法廷助言書を提出し、OracleがGoogleに対して起こした訴訟で2018年に連邦巡回区控訴裁判所が下した「GoogleはAPIを複製した」という判決を覆すよう求めた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Red Hatは2020年1月13日(米国時間)、IBMと共同で米国連邦最高裁判所(連邦最高裁)に法廷助言書を提出したと発表した。OracleがGoogleに対して起こした訴訟で連邦巡回区控訴裁判所が下した決定を覆すよう連邦最高裁に求めている。

 一連の裁判は10年前の2010年8月に始まった。このときOracleがJavaの特許権と著作権を侵害しているとしてGoogleを提訴している。その後2012年に連邦地裁の判決、2014年に控訴審の判決、2016年に連邦地裁の評決、2018年に控訴審の判決が出ている。2018年の判決ではGoogleがJavaのAPIなどの著作権を侵害していると認めている。

 Red Hatは、連邦巡回区控訴裁は著作権保護をソフトウェアインタフェースに誤って拡張したとしている。「これが訂正されないと、連邦巡回区控訴裁の決定がソフトウェアの互換性や相互運用性を損ない、オープンソースコミュニティーに代表されるイノベーションを萎縮させる恐れがある」と述べている。

 「エンタープライズオープンソースソフトウェアソリューションの世界最大の開発会社」を掲げるRed Hatは、Fortune 500企業の90%を顧客としている。

APIの利用が妨げられると何が起こるのか

 Red Hatは、Javaソフトウェアの開発だけでなく、Javaプログラミング言語の実装を幅広く手掛けてきた。Java開発には過去20年関与しており、Javaプラットフォームのオープンソース実装である「OpenJDK」の開発に幅広く貢献してきた他、Javaベースのミドルウェアソリューションスイート「Red Hat Middleware」も開発してきた。

 主要なオープンソース企業の1社であるRed Hatは、「Googleに対するOracleの訴訟で争点となっているJavaプラットフォームインタフェースを含む、コンピュータプログラムのインタフェースに適用される著作権保護の範囲に関する一貫した正しい決定に対して利害関係がある」と、自社の立場を説明している。オープンソースソフトウェア開発は、ソフトウェアインタフェースが利用可能で、妨げられることなくアクセスできることを前提にしているという。

APIは著作権保護の対象なのか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。