ニュース
» 2020年01月28日 17時00分 公開

職場の多様性を促進するAI:管理職の仕事の7割をAIが代替、Gartnerが2024年を予測

Gartnerは、AIや新興技術の採用によって2024年までに、管理職の日常作業の69%が代替されるようになるとの見通しを示した。AIは人々から仕事を奪うといわれており、確かにそのような一面もある。だが同時に職場の多様性を促す働きもある。例えば障害がある労働者がより働きやすくなることだ。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Gartnerは2020年1月23日(米国時間)、仮想パーソナルアシスタントやチャットbotのような人工知能(AI)や新興技術が2024年までに、管理職の日常作業のほぼ69%を代替するようになるとの見通しを示した。

 Gartnerのリサーチバイスプレジデントを務めるヘレン・ポイトビン氏は、こう説明する。

 「管理職の役割は、今後4年間で一新されるだろう。管理職は現在、フォームの記入や情報の更新、ワークフローの承認に時間を費やしている場合が多い。AIを使ってこうした作業を自動化すれば、トランザクション管理に費やす時間を減らし、その代わりに学習や業績管理、目標設定により多くの時間をかけることができる」

 AIや新興技術が管理職の役割を変えるのは必至だ。加えて、従業員はこれらの技術によって、管理作業を引き受けることなく、責任や影響力の範囲を拡大できると、Gartnerは述べている。イノベーションとAIに注力するアプリケーションリーダーは、従業員のエクスペリエンスの改善、従業員のスキル開発、組織におけるAI活用力の育成に責任を負うようになるという。

 「アプリケーションリーダーは、管理作業の自動化が着実に進んでいくようにサポートする必要がある。この自動化機能がますます多くのエンタープライズアプリケーションで利用できるようになるからだ」(ポイトビン氏)

多様性の高い職場は生産性も高い、これを促すAI

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。