連載
» 2020年01月29日 05時00分 公開

山市良のうぃんどうず日記(170):ものぐさ筆者、14年ぶりにPCをリプレースするってよ

筆者が仕事(書き物)にメインで使用しているPCは、2005年に購入したとても古いPC。x64版Windows XPプリインストールモデルを、ハードウェアのカスタマイズやOSのアップグレードを繰り返して使い続けてきました。もうすぐ15年というところで、2019年末に起こった出来事をきっかけに、ようやくリプレースしようと決心しました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

山市良のうぃんどうず日記

筆者が14年以上も使い続けてきた理由、それは面倒だったから

 問題のPCを購入したのは2005年7月なので、付き合いは14年と数カ月になります。購入当時「ハイエンドワークステーション」と呼ばれていたもので、Intel Pentium 4 Extreme Editionプロセッサ(3.73GHz、Hyper-Threadingテクノロジー対応)、DDR2 4GBメモリ、320GB SATA HDD(7200rpm)、「Windows XP Professional x64 Edition」のプリインストールモデル構成で、本体だけで20万円以上したと記憶しています(写真1)。

写真1 写真1 2005年に購入し、14年以上使ってきたメインのPC。2019年12月初めに現役を引退。廃棄処分に……

 その後の数年で、Intel Pentium Dプロセッサ(3.40GHz、Hyper-ThreadingおよびIntel VT対応)に換装し、メモリをさらに2GB追加(合計6GB)、グラフィックスカードの増設と交換(DirectX 11対応、DirectX 12対応)、データ用HDDの増設(1TB×2個)などで、このPCに投資した額は結構なものになってしまいました。プロセッサを換装したのは、当時開発中だった「Windows Server 2008」のHyper-Vの役割を評価するためでした。グラフィックスカードは、サーバ機でHyper-VのRemoteFX機能を評価するために購入したもののお下がりです。

 このPCのOSは、その後、「Windows Vista Ultimate」→「Windows 7 Ultimate」→「Windows 8 Pro」→「Windows 8.1 Pro」→「Windows 10」の初期リリースから最新バージョン1909まで、全てのバージョンを経て、アップグレードしてきました。

 アップグレードを阻む互換性問題がなかったこと、古いながらも投資額が大きかったこと、PCのリプレースに伴う引っ越し作業が面倒だったことなどがあり、リプレースせずに利用し続けてきました。SLAT(Second Level Address Translation)非対応のため最新のHyper-Vには対応できていません。唯一動いていた古いバージョンの「VMware Workstation」も、2019年9月のWindows Update以降、互換性がないものと扱われたためアンインストールしました(後継バージョンにはプロセッサが対応していません)。

 ここ数年はこのPCを主に、Web閲覧、メール送受信、文章作成と作成データの長期保存(バックアップ)に利用してきました。それでも、Webブラウザで多数のタブを開いたり、バックグラウンドで「Microsoft Windows Search Indexer」や「SysMain」(旧称、SuperFetch)サービスが活発に動き出したりすると、プロセッサ使用率100%の状態になってしまい、生産性が落ちることも度々ありました(画面1)。すぐに解消しない場合は、もっと新しい別のPCで作業しています。

画面1 画面1 1日に複数回、プロセッサ使用率100%の状態が続き、使い物にならなくなるが、そんなときは別のPCで作業継続

年末恒例の大掃除、プラスチックのパーツが触れただけで……

 複数のファンで空冷するデスクトップPCの場合、1年に1回以上は中を開けてほこりを取り除くなど、内部を掃除することが大事です。筆者のこのPCも、毎年年末、大掃除のときにエアーダスター、綿棒、吸引力の変わらないというあの掃除機を使って、必ず行うようにしてきました。1年もたつと、結構な量のほこりがファンにまとわりつき、ヒートシンクの羽根と羽根の間にも入り込んでいたりします。

 2019年も12月の初めに、このPCの掃除を実施しました。筐体のカバーを開き、HDDを取り出そうとすると、HDDを引き出すためのプラスチックのパーツがパチンと音を立てて破損。ヒートシンクを開けようと、抑えているプラスチックのパーツを持ち上げるとまたパチン。ヒートシンク横の巨大なファンを取り出そうとしたら、ファンを固定している4つのゴム製ポッチのうち2つがもろく崩れさりました(写真2)。

写真2 写真2 プラスチックやゴム製のパーツが経年劣化により簡単に破損するように

 PCを動かすためのパーツには問題はないので、適当に掃除を終え、テープで固定したり、中ぶらりんになったファンはスポンジを挟んで抑えたりして、PCとOSが正常に起動することを確認しました。

 このPCはもともとファンの音は大きい方でしたが、この事件以降、プロセッサ使用率が高まると爆音を発するようになってしまいました。これでは心臓に悪いので、リプレースしようと考え、ブラックフライデーセール中だったその日のうちに新しいPCを発注しました。

 新しいPCは、第9世代Intel Core i3プロセッサ(最大4.2GHz、Turbo Boostテクノロジー、VT-d対応)、DDR4 8GBメモリ、256GB SSD(OS用)+1TB SATA HDD(7200rpm/6GBps)、Windows 10 Pro(x64)プリインストールモデルで、6万円以下で手に入りました。スペックをあまり欲張らなかったのは(OS用のSSDだけは欲張りました)、大きな投資をすると、また後になってリプレースする気がうせると思ったからです。

PCのお引っ越し、筆者版チェックリスト

 新しいPCが届くまでの約2週間、可能な限り早く日常業務を再開できるように、やるべきことをチェックリストにまとめました。

  • Windows 10の初期設定と最新状態へのアップデート
  • ウイルス対策ソフトの入れ替え
  • デバイスのセットアップ(プリンタ設定やUPS制御ソフトなど)
  • アプリケーションのインストール
  • ブラウザのお気に入りなどの移行(エクスポート/インポート)
  • メール環境(Outlook)のセットアップ
  • データの移行
  • システムイメージ(またはシステムイメージを含む回復ドライブ)の作成
  • 古いPCの処分

 筆者は、複数台のPCにインストール可能なウイルス対策ソフトを購入し、毎年更新し続けています。余っているライセンスはありませんが、問題のPCからアンインストールし、新しいPCのプリインストール製品と入れ替えようと考えています。新しいPCが届くまで待つ必要はないので、現在のPCからアンインストールし、Windows 10に標準搭載されている「Windows Defenderウイルス対策」にしておきました。

 「Microsoft Office」アプリは、「Office 365 ProPlus」のサブスクリプション製品を利用しています。複数台のPCにインストールできますが、PCを廃棄した後はOfficeポータルでインストールの割り当てを解除することを忘れないようにメモしておきました。

 Windowsのサインインに使用するMicrosoftアカウントを共通にし、ブラウザからエクスポートできるもの全てを新しいPCにインポートすれば、ある程度の使用環境は引き継がれるはずです。しかし全てではないでしょうから、新しいPCのセットアップが完了したら、しばらく両方を同時使用しながら、同様の利用環境が整っているかどうかを確認しようと思います。

 例えば、ブラウザに保存された資格情報で失念しているもの(ブラウザだけが覚えているもの)があるかもしれません。また、PCを廃棄した後はMicrosoftアカウントのポータルでデバイスの関連付けを解除することも忘れないようにメモに残しました。

 問題はメール環境の移行です。筆者は、プロバイダーのメール(POP)、Microsoftアカウント(Outlook.com/Exchange)、Gmail(IMAP)の3つのアカウントをOffice 365 ProPlusの「Microsoft Outlook」で使用しています。

 Outlookではローカルでタスクや連絡先、メモも利用しています。MicrosoftアカウントおよびGmailは新しいPCにセットアップするだけで同じ環境を引き続き利用できるようになります。ただし、オンラインアカウントで2段階認証や多要素認証を使用している場合は、ユーザーのパスワードの代わりにアプリパスワードを作成して設定する必要があることに注意が必要です。また、PCを廃棄した後は、使わなくなった古いアプリパスワードの削除を忘れないこと、これもメモに残しました。

 POPメールはOutlookのローカルストアにダウンロードされます。これを移行するには、POPメールの環境全体をOutlookデータファイル(.pst)としてファイルにエクスポートし、新しいPCのOutlookにインポートする方法があります(画面2)。

画面2 画面2 POPメールの環境全体をOutlookデータファイル(.pst)にエクスポート。当面、必要なものだけを新しいPCにインポートし、それ以外はOutlookデータファイルをその都度開く運用にする予定

 しかし、試しに全体をエクスポートしてみたところ、3GB近くのファイルサイズになりました。ほとんどは不要な過去の受信メールやタスク、連絡先、メモのデータです。連絡先とメモだけをエクスポート/インポートして移行することにして、進行中のタスクは手動で作成することにしました。

 また、受信済みの過去のメールについては、全体をエクスポートしたOutlookデータファイル(.pst)を必要なときにだけ開いて探す運用にしようと思います。これで、新しいPCでは軽快なメール環境からスタートできるはずです。

2週間後、新しいPC到着

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。