連載
» 2020年01月30日 05時00分 公開

Windows 10 The Latest:IEレガシーWeb救済の決定版!? 最新Microsoft Edge「IEモード」の実力検証 (2/2)

[塩田紳二,著]
前のページへ 1|2       

IEモードを利用するための手順

 IEモードを利用するには、大きく以下の手順を行う必要がある。

  1. IEモードを有効化する
  2. IEモード利用サイトを指定したXMLファイルを作成する
  3. 作成したXMLファイルをIEモードに登録する

 このうち1.と3.の作業については、レジストリの編集とグループポリシーによる設定という2種類の方法から選択できる。Microsoftはグループポリシーを推奨しているものの、Windows OSのProエディション以上が対象であり、Homeエディションには適用できない。一方、レジストリは編集に失敗すると、最悪の場合、Windows OSが起動できなくなるため、その取り扱いには細心の注意が必要だ。

 そのため、以下では両方の方法を併記している。Windows 10 Homeが対象の場合は、レジストリ編集の方を参照していただきたい。

IEモードを有効化する

 まずChromium版EdgeのIEモードを有効にする。これには前述のように、レジストリ編集とグループポリシーによる設定の2種類から選択できる。どちらか一方を実施すればよい。

●レジストリを編集してIEモードを有効化する

 レジストリエディターを使って、以下のレジストリ値を作成することでIEモードが有効になる。以下のキーが存在しない場合は、キーから作成すること。

項目 内容
キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Edge
値の名前 InternetExplorerIntegrationLevel
REG_DWORD
値の内容 1
IEモードを有効にするレジストリキー

 後述のグループポリシーの設定をすると、上表の通りにレジストリの変更が行われる。つまり上記のレジストリ修正は、グループポリシーによる設定を、レジストリエディターを介して手動で実施していることになる。そのため、Chromium版Edgeから見ると、どちらの方法で設定しても、(グループポリシーのような)ポリシーによる設定と見なされる。

 一回有効にしたIEモードを無効とするには、上記レジストリの値を削除する。

●グループポリシーでIEモードを有効化する

 グループポリシーエディターを使う場合、事前にChromium版Edgeの管理テンプレートを以下のURLからダウンロードしてインストールする必要がある。

前のページへ 1|2       

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。