連載
» 2020年02月06日 05時00分 公開

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(98):Windows Analyticsサービスが廃止、後継のDesktop AnalyticsはConfiguration Managerに統合

Microsoft Azureの管理サービスの一つ「Windows Analytics」が、2020年1月31日で完全に終了しました。後継サービスとしては既に「Desktop Analytics」が利用可能ですが、これはオンプレミスの管理ツールと連携するクラウドサービスであり、Azure単体では利用できないことにご注意ください。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

Windows Analyticsサービス廃止の影響

 Azureポータルで利用可能だった「Windows Analytics」は、「Windows 7」や「Windows 8.1」から「Windows 10」へのアップグレードを支援し、Windows 10への移行後の品質更新プログラムや機能更新プログラムの対応状況を監視できるサービスです。「Upgrade Readiness」「Device Health(デバイスの正常性)」「Update Compliance(更新プログラムのコンプライアンス)」の3つのソリューションで構成されていました。2020年1月31日、Upgrade ReadinessおよびDevice Healthの2つのソリューションが廃止されました。

 Windows Analyticsの後継としては、2019年10月に一般公開された「Desktop Analytics」が利用可能です。Windows Analyticsのサービス廃止の影響を受ける利用者には、2019年末までにメールによるサービス廃止と移行オプションが通知されているはずですし、Azureポータルにも通知があったはずです(画面1)。

画面1 画面1 Windows Analyticsの廃止対象のサービス利用者に対して、2019年末に送信された通知

AzureポータルのWindows Analyticsの今後は?

 Windows Analyticsの廃止されたソリューションは、Desktop Analyticsの一般提供開始後、Azure Marketplaceから削除され、新規利用を開始することはできなくなっています。なお、Update Complianceに関しては、2020年2月以降も引き続き利用可能です(画面2)。古い記事やドキュメント、書籍などでWindows Analyticsの存在を知り、検討しようと思っても、既にサービスが廃止(Update Complianceを除く)されていることに留意してください。

画面2 画面2 廃止されたUpgrade ReadinessとDevice Healthは2019年10月のDesktop Analyticsの一般提供開始後、Azure Marketplaceから削除された。Update Complianceは引き続き利用可能

 Upgrade ReadinessとDevice Healthのソリューションのログデータは廃止以降収集されなくなり、Log Analyticsの保持ポリシーに従って時間が経過すると消去されます。アイテム保持ポリシーは、Log Analyticsの価格レベル(作成時期によってはレガシー価格レベル)によって異なります。

 Windows Analyticsのアップグレード支援を継続利用したい場合は、ログデータが消去される前にDesktop Analyticsに移行する必要があります。Desktop Analyticsを利用できない場合は、Log Analyticsワークスペースのソリューションからログデータをエクスポートすることは可能です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。