ニュース
» 2020年02月06日 08時00分 公開

衛星データだけでは「見え過ぎる」:膨大な衛星データをAIと高解像度地図データを使って解析、災害発生箇所の検出も Ridge-i

Ridge-iは、人工衛星から取得した画像データをディープラーニングによって解析する際に、日本スペースイメージングの地図データ「ダイナミックモザイク2019」を利用する。自然災害が発生した箇所の検出などを想定する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Ridge-iは2020年2月5日、日本スペースイメージング(JSI)と協業すると発表した。人工衛星から取得した画像データをディープラーニング技術によって解析する際に、JSIが提供する50センチ解像度相当の日本全域を網羅する地図データ「ダイナミックモザイク2019」を利用する。例えば、衛星画像から自然災害が発生した地域を検出するといった用途を想定する。

 Ridge-iはこれまでも衛星画像の解析経験がある。例えば2018年の北海道胆振(いぶり)東部地震が発生したときには、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の依頼を受けて、土砂災害が発生した地域をディープラーニングで検出した実績がある。

画像 衛星画像活用事例(出典:Ridge-i

衛星から得られるデータが爆発的に増加

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。