ニュース
» 2020年02月07日 08時00分 公開

コンサルティングは100万超えも:案件単価が最も安いのはエンジニア 「アサインナビデータレポート 2019」公開

アサインナビが公開した「アサインナビデータレポート 2019」によると、案件の1カ月当たり単価は全体で平均80万円。単価が最も高かったのはコンサルティングで平均109万円。最も安かったのはエンジニアの平均70万円だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 アサインナビは2020年2月6日、「アサインナビデータレポート 2019 案件と人材データから読み解く、IT業界の市況」を公開した。これは、同社が運営するITフリーランス向けの案件仲介サイト「アサインナビ」に、2019年1月1日〜同年12月31日に登録された1万3668件の案件情報と3505件の人材情報を分析したレポート。

 同レポートによると、案件全体の中ではエンジニア向けが最も多く、58.4%を占めていた。次いで、コンサルティングが31.4%、デジタル領域が9.9%だった。エンジニア分野の中では、多い順に「Web・オープン」「サーバ・ネットワーク」「システム運用・保守」「テスト・評価」。デジタル領域では、「スマホアプリ・ゲーム」「AI・データサイエンス」「RPA導入・働き方改革」「UI/UX・デザイン」の順に多かった。

コンサルティングの平均単価は109万

 案件の1カ月当たり単価は、全体で平均80万円だった。1カ月当たりの単価が最も高かったのはコンサルティングで、平均109万円。コンサルティング案件のボリュームゾーンは80万〜120万円だった。この分野で案件単価が最も高かったのは「戦略・業務コンサル」の116万円。次いで、「ITコンサル」の115万円だった。

画像 コンサルティングの平均単価は109万(出典:アサインナビ

 これに対して単価が最も安かったのはエンジニアの平均70万円だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。