ニュース
» 2020年02月11日 08時00分 公開

「花束問題」をモデル要件に:ローコード開発コミュニティ、「ローコード開発リファレンスモデル」を無料提供

ローコード開発コミュニティは、ローコード開発ツールの導入を検討している同コミュニティーの会員企業を対象に、「ローコード開発リファレンスモデル」の無料提供を開始する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ローコード開発コミュニティは2020年2月10日、「ローコード開発リファレンスモデル」の無償提供を開始すると発表した。

 これは同コミュニティーの「ローコード開発リファレンスモデル分科会」による活動の一環で、同コミュニティーの会員企業が対象。ツールベンダー各社が規定のシステム要件に基づいて開発した「実際に動作するシステム」を、導入検討用資料として無償提供する。

画像 ローコード開発リファレンスモデルのイメージ図(出典:ローコード開発コミュニティー)

「花束問題」をモデル要件に

 最初のレファレンスモデルのシステム要件には、「花束問題」を採用した。これは、分科会のメンバーでもある渡辺幸三氏らがまとめた要件。顧客が指定した日に花束を届ける通販事業に向けたもので、欠品を起こさず、かつ廃棄数量を最少に抑えるための在庫管理上の工夫が含まれるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。