ニュース
» 2020年02月12日 10時20分 公開

ワークベンチ、エディタ、デバッグなどを改良:Microsoft、「Visual Studio Code」の「January 2020」リリースを公開

Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「January 2020」リリース(バージョン1.42)を公開した。ワークベンチ、エディタ、デバッグなどを改良した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年2月7日(米国時間)、WindowsやmacOS、Linuxに対応するクロスプラットフォームのエディタ「Visual Studio Code」(以下、VS Code)の最新版「January 2020」リリース(バージョン1.42)を公開した。

 なおJanuary 2020リリースの公開日は、該当するツイートの公開日に従っている。

 VS Code バージョン1.42では、ワークベンチ、エディタ、デバッグ、タスクなどに関する多くの改良が行われた。主な改良点は以下の通り。

ワークベンチ:名前変更のプレビュー

 名前の変更をプレビューできるようになった。名前を変更するときに[Shift]+[Enter]キーで「Refactor Preview」パネルを表示し、新しい名前を確認できる。確認すると、このパネルは閉じられ、現在のエディタに戻る。

(出典:Microsoft)

ワークベンチ:開けるエディタの数の制限

 新しい設定により、一度に開けるエディタの数を制限できるようになった。

  • workbench.editor.limit.enabled:この機能を有効にする(デフォルトでは無効)
  • workbench.editor.limit.perEditorGroup:「エディタグループごとに制限を適用するか、全てのグループにわたって制限を適用するか」を指定する
  • workbench.editor.limit.value:開けるエディタの最大数を指定する(デフォルトは10)

 この機能を有効にすると、新しいエディタを開くときに、使用頻度が最も少なかったエディタが閉じられる。

 下の例では、開けるエディタの最大数を3に設定したときの挙動が分かる。

(出典:Microsoft)

ワークベンチ:パネルの移動

 「出力」「デバッグコンソール」「ターミナル」「問題」のペインを保持するパネルを、エディタ内の左側に移動できるようにたった。

 「View: Toggle Panel Position」(workbench.action.togglePanelPosition)コマンドが削除され、次の新しいコマンドが導入された。

  • View: Move Panel Left(workbench.action.positionPanelLeft)
  • View: Move Panel Right(workbench.action.positionPanelRight)
  • View: Move Panel To Bottom(workbench.action.positionPanelBottom)

エディタ:折り畳まれたリージョンのハイライト表示

 バックグラウンドのハイライト表示機能が追加され、折り畳まれたコードリージョンが簡単に見つかるようになった。

(出典:Microsoft)

 この機能は、「editor.foldingHighlight」設定で制御される。色は、「editor.foldBackground」で指定することでカスタマイズできる。

  "workbench.colorCustomizations": {
    "editor.foldBackground": "#355000"
  }

デバッグ:デバッグコンソールの改良

デバッグコンソールの入力

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。