ニュース
» 2020年02月18日 08時00分 公開

「業界特化テンプレートでAI導入が加速」:AIがより「知的」に? インフォアが「2020年の企業のAI活用に関する予測」を発表

インフォアジャパンは、「2020年の企業のAI活用に関する予測」を発表した。企業内で従業員と双方向コミュニケーションをとるなど、AIがより「知的」になり、業界に特化したテンプレートによってAIの導入と利用が活発化するという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 インフォアジャパンは2020年2月17日、「2020年の企業のAI活用に関する予測」を発表した。同予測では、AI(人工知能)がより「知的」になり、業界に特化したテンプレートによってAIの導入と利用が活発化するとしている。

画像 インフォアジャパンのWebページから引用

 同予測は、インフォアのAI製品のエヴァンジェリスト兼担当シニアディレクターを務めるRick Rider氏によるもの。同氏は、AI備えた「デジタルアシスタント」が、企業内で従業員と臨機応変に双方向コミュニケーションをとるようになると予測する。こうしたデジタルアシスタントが業務の状況を理解して、業務が完了したら次のステップを提案したり、間違いを指摘するだけでなく自動的に修正したりするという。

「当たり前」が見直される?

 一方、2020年には、業務の「通常」が再定義されるとRider氏はみている。これは、AIによって得られた信頼できるデータを使うことで「事前に定義されたルールや初期値(デフォルト値)に縛られずに業務を進められるようになる」という。その背景には、AIによるビジネスプロセスの再構成や人材研修の効率化がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。