ニュース
» 2020年02月19日 08時00分 公開

Accenture Technology Vision 2020:「多くの企業は“ひと”や社会への影響を十分検討できていない」 アクセンチュア

アクセンチュアは、世界の技術トレンドに関する調査レポート「Accenture Technology Vision 2020」を発表した。同レポートは、消費者のデジタル技術に対するニーズや期待に、企業が対応しきれていないと指摘する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 アクセンチュアは2020年2月18日、今後3年間でビジネスに大きな影響をもたらす技術トレンドを予測した年次調査レポート「Accenture Technology Vision 2020」(アクセンチュアテクノロジービジョン2020)を発表した。

 アクセンチュアテクノロジービジョン2020のテーマは、「ポスト・デジタル時代を生きる − 企業が『テック・クラッシュ』を乗り切るには」。アクセンチュアは「多くの技術が人々の働き方や暮らしに組み込まれているものの、必ずしも消費者のデジタル技術に対するニーズや期待に企業は対応しきれていないことを明らかにした」としている。同レポートは「企業が技術を活用してより良い世の中を構築するには、新たな考え方やアプローチが不可欠だ」と指摘している。

 アクセンチュアが実施した調査によると、調査対象となった6000人以上の企業の上級役職者、またはIT担当役員のうち、「技術は“ひと”の体験を形作る上で欠かせないものになった」と回答した割合は83%だった。一方、同調査の対象となった2000人の消費者のうち、今後3年間で技術と自分の関係が「深まる」または「大幅に深まる」と回答した割合は合計70%だった。

画像 5つのトレンドを定義(出典:アクセンチュア

「テック・クラッシュが起きている」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。