ニュース
» 2020年02月26日 18時30分 公開

AD管理を簡素化できる:Google、「Managed Service for Microsoft Active Directory(AD)」の一般提供を開始

Googleは、「Active Directory(AD)」そのものを実行できる可用性の高いGoogle Cloudサービス「Managed Service for Microsoft Active Directory(AD)」の一般提供を開始した。オンプレミスとクラウドにまたがったドメインコントローラーの構成とセキュリティ確保が容易になる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Googleは2020年2月21日(米国時間)、Microsoftの「Active Directory(AD)」そのものを実行できる、可用性の高い強化されたGoogle Cloudサービス「Managed Service for Microsoft Active Directory(AD)」の一般提供を開始したと発表した。

 2019年8月から公開βテストを続けて得られた顧客からのフィードバックを基に、Googleは同サービスの改良を進めてきた。

AD管理を簡素化できる(出典:Google

 今回のADサービスが支援する内容は、ADに依存するワークロードの認証と認可の管理の他、ADサーバのメンテナンスやセキュリティの構成自動化、クラウドへのオンプレミスADドメインの接続だ。Googleはこのサービスの主要なメリットとして、次のような理由を挙げている。

ADに依存するアプリケーションとの互換性を確保

 今回のADサービスでは、実際のADのドメインコントローラーが動作する。そのため、アプリケーションの互換性を心配する必要がない。

 グループポリシーのようなADの標準機能や、リモートサーバ管理ツール(RSAT)などの使い慣れた管理ツールでドメインを管理できる。

メンテナンスがほぼ不要

 サービスの可用性が高く、自動的にパッチが適用され、安全なデフォルト設定で構成されている。さらに適切なネットワークファイアウォールルールで保護されている。このため、ユーザーのメンテナンスはほぼ不要だ。

シームレスなマルチリージョンデプロイが可能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。