連載
» 2020年03月03日 05時00分 公開

テストドリブン型のRPA開発のススメ(2):Webサイトスクレイピングのサンプルで実践するRPAのテスト駆動開発

RPAの品質向上、運用コスト削減につながるテストファーストなRPAにおける開発アプローチを紹介する連載。今回は、テストドリブン型のRPA開発方法について、具体的なケースを用いて、UiPathを例に実践方法を説明する。

[井上秀和,UiPath]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 RPA(Robotic Process Automation)の品質向上、運用コスト削減につながるテストファーストなRPAにおける開発アプローチを紹介する本連載「テストドリブン型のRPA開発のススメ」。連載初回となった前回で、テストドリブン型の開発手法とRPAに適用した際のイメージ、そしてRPA開発のベストプラクティスが理解できたと思います。第2回となる今回は、テストドリブン型のRPA開発方法について、具体的なケースを用いて、UiPathを例に実践方法を説明します。他のRPAツールを使う場合でも参考になるかと思います。

RPAでのテストドリブン

 実装に入る前に、前回紹介したテストドリブン型のRPA開発の概念を再掲します。

  1. テスト用ワークフロー開発:ワークフロー開発に着手する前に、開発予定のワークフローをテストするためのテスト用のワークフローを書く。この時点では、ワークフローが存在しないので、このテストは当然エラーとなる
  2. 自動化ワークフロー開発:テストを成功させるための最低限のワークフロー
  3. リファクタリング:ワークフローをリファクタリングしてきれいにする
テストドリブン型のRPA開発の概念(再掲)

 基本的に、IT開発のテストドリブン型開発と同じコンセプトで、実施するものとなります。「assertEqual」は利用できない場合もあるので、「IF(条件)」に置き換えていたりするものですが、基本的にはプログラムのものをワークフローに置き換えているものとなります。

サンプルのシナリオ

 ここからは、サンプルの自動化シナリオを使用して、テストドリブン型の開発手法を紹介します。下記は、サンプルの自動化シナリオとそのワークフロー単位での実装イメージです。

サンプルのシナリオ

テスト用ワークフローの開発

 では、テストドリブン型の開発を始めます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。