ニュース
» 2020年03月04日 08時00分 公開

斬新なIT人材戦略の導入が必要:「イノベーションを推進できる人材は従来のスキルマップにいない」 ガートナー

ガートナーは、2020年以降に向けたIT人材戦略に関する展望を発表した。賃金の低さだけでなく、技術者への正当な評価や技術者が求める職場環境などの面での不満に対応できていないことが、IT人材を「隠れた人材」にしてしまうと指摘する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパンは2020年3月3日、2020年以降に向けたIT人材戦略に関する展望を発表した。同社は、IT人材不足の状況が今後さらに悪化すると見ており、従来の常識にとらわれない斬新なIT人材戦略の導入が必要だとしている。

 ガートナーが企業のCEOや上級経営陣を対象に実施した調査によると、ビジネス戦略の実現に向けて改善すべき組織コンピテンシー(行動特性)のトップは人材管理だった。同社は、世界中でIT人材が不足しているとしており、デジタルビジネスを成功に導く要因の一つが優秀なIT人材の獲得だと指摘する。

画像 ビジネス戦略実現のために改善の必要がある組織的能力(出典:ガートナー

 ディスティングイッシュト バイスプレジデントでガートナー フェローの足立祐子氏は、「企業の経営層が人材管理の改善に着目する背景には、世界中で深刻化するIT人材不足がある。IT人材不足を引き起こしている主な原因は、需要の急増と、開発/運用に関するスキルのミスマッチ、スキル転換の遅れなどだ。加えて、新世代を中心とした働き方やキャリア観の変化、女性や障害者など多様な労働力を包摂する取り組みの遅れなども、徐々に影響を及ぼしつつある」と述べている。

 ガートナーは「今後デジタルビジネスイノベーションを推進する上で、従来の人材育成方法では効果を期待できない」としている。従来の人材育成方法とは「スキルベース」のIT人材戦略で、将来必要なスキルや人数を定義し、必要な人材を調達したり育成したりするというものだ。

イノベーションを推進できる人材は、そもそも従来のスキルマップに存在しない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。