連載
» 2020年03月06日 05時00分 公開

SQL Server動的管理ビューレファレンス(2):Always On 可用性グループで試行したページの自動修復情報を出力する

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回はAlways On 可用性グループで試行したページの自動修復情報を出力する「sys.dm_hadr_auto_page_repair」を解説します。

[椎名武史,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回はAlways On 可用性グループで試行したページの自動修復情報を出力する「sys.dm_hadr_auto_page_repair」を解説します。対応バージョンはSQL Server 2012以降です。

概要

 ハードウェアの障害などさまざまな要因によって、データベースのページは破損する可能性があります。ページの破損をシステムが検出すると、System Databaseの一つ「msdb」内にある「suspect_pages」のシステムテーブルにレコードを挿入します。

 破損したページを修復するには、「DBCC」コマンドを使うか、破損する前のバックアップをリストアする必要があります。可用性グループが構築されており、同期済みの別の可用性レプリカに正常なページが存在する場合は、そのページをコピーすることで修復できます。

 その後、試行したページの自動修復情報が、今回の動的管理ビュー(sys.dm_hadr_auto_page_repair)に記録されます。

 Microsoftの「SQLドキュメント」では次のような関連情報を掲載しています。

出力内容

列名 データ型 説明
database_id int この行に対応するデータベースのIDを示す
file_id int ページが存在するファイルのIDを示す
page_id bigint ファイル内のページのIDを示す
error_type int エラーの種類を示す。次の値を指定できる
 −1 全てのハードウェア823エラー
 1 824以外は、不適切なチェックサムまたは破損ページ(不適切なページID)などのエラー
 2 不適切なチェックサム
 3 破損ページ
page_status int ページ修復の試行ステータスを示す
 2 パートナーからの要求を待機中
 3 要求はパートナーに送信済み
 4 ページの自動修復を待機中(応答はパートナーから受信済み)
 5 ページの自動修復に成功し、ページは使用可能
 6 修復不可能。パートナー側でもページが破損していた、パートナーと接続されていない、ネットワークの問題が発生したなど、ページ修復を試みているときにエラーが発生したことを示す。これは最終的な状態ではない。同じページで再度破損が見つかった場合、そのページが再びパートナーから要求される
modification_time datetime ページ ステータスが最後に変更された日時を示す

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。