ニュース
» 2020年03月06日 08時00分 公開

テレワークについての調査結果を発表:テレワークで困ったのは「会社にある紙の書類を確認できない」 アドビ

アドビ システムズが発表したテレワーク勤務の利点や課題についての調査結果によると、8割以上が業務の生産性が上がったと感じ、9割以上が定期的にテレワークを実施したいと回答した。だが、テレワーク中に出社した経験が頻繁にあると回答した割合も2割以上を占めた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 アドビ システムズは2020年3月4日、テレワーク勤務の利点や課題についての調査結果を発表した。対象は、都内に勤務する過去3カ月以内にテレワークを経験したビジネスパーソン。それによると、86.4%が業務の生産性が上がったと感じ、93.2%が今後も定期的にテレワークを実施したいと回答した半面、社内の紙書類の管理がテレワークを推進する際の大きな課題になっていることも明らかになった。

「生産性は上がった」が「書類を見られない」

 テレワークによって自身の生産性が上がったかどうかを尋ねたところ、「とても上がった」と回答した割合は34.0%、「どちらかといえば上がった」は52.4%。それに対して「どちらかといえば下がった」は11.0%、「とても下がった」は2.6%だった。

画像 テレワークを実施して生産性は上がったか(出典:アドビ システムズ

 多くの人がテレワークによって生産性が上がったと感じていたものの、業務上の課題も多く聞かれた。最も多かったのは「会社にある紙の書類を確認できない」で、39.6%(複数回答)の回答者が挙げた。次いで、「プリンタやスキャナーがない」(36.2%)、「自分以外の仕事の進捗(しんちょく)が把握しづらい」(35%)、「データや情報管理のセキュリティが心配」(24.4%)、「会議が非効率になる」(24.0%)が続いた。

画像 テレワークを実施して感じた業務上の課題(出典:アドビ システムズ

コミュニケーションに課題ありだが、経験者は好意的

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。