連載
» 2020年03月13日 05時00分 公開

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(102):クロスプラットフォーム対応の「PowerShell Core 7.0」が正式リリース

Microsoftは2020年3月4日(米国時間)、オープンソースでクロスプラットフォーム対応の「PowerShell Core」の最新バージョン、「PowerShell Core 7.0」を正式にリリースし、一般提供を開始しました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

PowerShell Coreとは?

 Microsoftは2020年3月4日(米国時間)、PowerShell Coreの最新バージョン「PowerShell Core 7.0」を正式にリリースし、一般提供を開始しました。PowerShell Coreは、Windows、Linux、macOSに対応したオープンソースでクロスプラットフォームのシェル/スクリプティング環境です。

 Windowsは「.NET Framework」をランタイムとして使用する「Windows PowerShell」を標準搭載していますが、Windows PowerShellは主に“Windows環境のシステム管理や自動化を目的としたもの”で、最新バージョンは「Windows PowerShell 5.1」です。

 一方、PowerShell Coreはオープンソースの「.NET Core」をランタイムとして採用しており、Windowsだけでなく、LinuxやmacOSにも正式に対応しています。

 2018年1月、.NET Core 2.0に基づいたPowerShell Core 6.0が初めて一般提供されました。その後、.NET Core 2.1に基づいたPowerShell Core 6.1、.NET Core 2.2に基づいたPowerShell Core 6.2が提供されました。PowerShell Core 7.0は、最新のNET Core 3.1をランタイムとして使用します。

 PowerShell Core 7.0は、「Windows 7 SP1」および「Windows Server 2008 R2」以降の32bit(x86)または64bit(x64)版Windows、Linux(x86、x64)、macOS(x64)にインストールして使用でき、Windows PowerShell 5.1向けのモジュールとの高い互換性もあります。

なお、試験段階としてARM32/ARM64(Windows 10 IoTやRaspbian)向けの「PowerShell Core for ARM」も利用可能です。Windows、Linux、macOSへのインストール方法については、以下のドキュメントを参照してください。

画面1 画面1 画面奥の青い背景はWindows標準のWindows PowerShell 5.1(powershell.exe)、手前の黒い背景はPowerShell Core 7.0(pwsh.exe)
画面2 画面2 Linux(画面はUbuntu 18.04 LTS)で動作するPowerShell Core 7.0
画面3 画面3 macOSで動作するPowerShell Core 7.0

Azure PowerShellはAzureRMモジュールからAzモジュールへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。