ニュース
» 2020年03月17日 16時00分 公開

1ステップで更新を適用可能:AWS、コンテナホスト用のLinuxベースOS「Bottlerocket」のパブリックプレビュー版を発表

AWSは、コンテナホストへ最適化した新しいLinuxベースのオープンソースOS「Bottlerocket」のパブリックプレビュー版を発表した。汎用OSを利用した場合と比較してアップタイムが短く、更新を1ステップで完了できる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Services(AWS)は2020年3月10日(米国時間)、同社が設計し、コンテナホストへ最適化した新しいLinuxベースのオープンソースOS「Bottlerocket」のパブリックプレビュー版を発表した。

 Bottlerocketはシングルステップの更新メカニズムを備えており、コンテナの実行に不可欠なソフトウェアのみを含む。ユーザーがコンテナオーケストレーターを使用して、OSを更新する際に最小限の中断で済むように設計されている。Bottlerocketを採用することで、コンテナ化されたアプリケーションのアップタイムを改善でき、運用コストを削減可能だ。

 Bottlerocketが対応するイメージは2種類ある。Dockerイメージと、Open Container Initiative(OCI)形式に準拠したイメージだ。

 Bottlerocketを利用できるサービスは、現在、フルマネージド型Kubernetesサービス「Amazon EKS」(Amazon Elastic Kubernetes Service)のみだが、フルマネージド型コンテナオーケストレーションサービス「Amazon ECS」(Amazon Elastic Container Service)も間もなく対応する。

現状の管理がどのように変わるのか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。