ニュース
» 2020年03月18日 14時30分 公開

当初は11のソリューションを提供:NTTドコモ、5Gサービスと同時に低遅延ソリューションのためのクラウド基盤を提供開始

NTTドコモは2020年3月18日、5G通信サービス開始に合わせ、5Gの特性を生かしたサービスやアプリケーションのためのクラウド基盤、「ドコモオープンイノベーションクラウド」を提供開始すると発表した。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 NTTドコモは2020年3月18日、5G通信サービス開始に合わせ、5Gの特性を生かしたサービスやアプリケーションのためのクラウド基盤、「ドコモオープンイノベーションクラウド」を提供開始すると発表した。

 ドコモオープンイノベーションクラウドは、NTTドコモの移動体通信基地局に近い地点で稼働するマルチアクセスエッジコンピューティング(MEC)基盤。5G端末に対し、消費者向け、あるいは法人向けに広帯域、低遅延なサービスを提供するためのプラットフォームとして使える。

 5Gサービスの開始日である2020年3月25日には、東京拠点をオープン。5月下旬以降、さらに神奈川、大阪、大分の拠点を開設する。仮想マシンインスタンスの価格は、東京拠点で4000円/月(税別)からという。

ドコモオープンイノベーションクラウドの概念図

 ドコモオープンイノベーションクラウドは、仮想マシンを提供するだけではない。画像認識APIなど、NTTドコモの提供する機能を活用できる。また、NTTドコモがパートナーと共同開発したソリューションが同クラウド上で提供される。法人は、こうしたソリューションを使うこともできる。

 発表時点で、ドコモはオープンイノベーションクラウドを使ったソリューションとして、以下の11種を挙げている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。