ニュース
» 2020年03月23日 10時50分 公開

2019年は対前年比22.9%増の8778億円:国内パブリッククラウドサービス市場は堅調に成長し2020年は1兆円超、IDCが予測

IDC Japanは、国内パブリッククラウドサービス市場の予測を発表した。2019年の同市場規模は、対前年比22.9%増の8778億円。2024年の市場規模は、2019年の2.4倍に当たる2兆644億円になると予測する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2020年3月18日、国内パブリッククラウドサービス市場の予測を発表した。

 2019年の同市場規模は、対前年比22.9%増の8778億円。IaaS(Infrastructure as a Service)やPaaS(Platform as a Service)の成長が目立った。IDC Japanは「モバイルやWebアプリケーションといったデジタルサービスのインフラとして導入が進んだ」としている。

 SaaS(Software as a Service)の成長も進んでおり、情報系SaaSは既に安定成長期に入っているものの、産業特化型SaaSがけん引している。IDC Japanでは、「2020年の市場規模が1兆円を超える」とみている。

2024年の市場規模は、2019年の2.4倍に当たる2兆644億円に

 国内パブリッククラウドサービス市場は、市場規模が拡大したことで、今後の対前年比成長率が低下する。2019〜2024年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は18.7%の見込み。2024年の市場規模は、2019年の2.4倍に当たる2兆644億円になると予測する。なお、今回の予測では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を考慮していない。

国内パブリッククラウドサービス市場 売上額予測、2019〜2024年(出典:IDC Japan)

マルチクラウド環境に対応することがベンダーの選定要件になりつつある

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。