ニュース
» 2020年03月23日 12時20分 公開

分野、レベル感に合わせた情報収集が可能に:技術情報収集サービス「TechFeed Pro」をリリース 「#JavaScript」から「#猫」まで網羅

テックフィードは技術情報収集サービス、「TechFeed Pro」をリリースした。200種類ある分野ごとに、最新トレンド情報からエキスパート向けのハイレベルなものまで、収集したい情報のレベル感を自由に設定して収集できるという。

[松林沙来,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 テックフィードは2020年3月18日、エンジニア向けの技術情報収集サービス「TechFeed Pro」の正式版をリリースした。

サービスイメージ(出典:TechFeed Proプレスリリース) サービスイメージ(出典:TechFeed Proプレスリリース)

 同社は従来、技術情報をアルゴリズムが自動的に収集、集約してユーザーに届けるサービス「TechFeed」を提供している。今回、TechFeedの上位版としてTechFeed Proをリリースした。4年間のTechFeedの開発、運営ノウハウをベースとし、特にITエンジニアによる利用を念頭に置いて再設計したという。

 TechFeed Proでは、独自に開発した複数の情報収集エンジンが独立して動作する「マルチキュレーションエンジンシステム(Multi Curation Engine System:MULQS)」を実装。エキスパートの発信に絞って取り込むもの、GitHubを監視するものなど、さまざまなエンジンが稼働している。ユーザーの関心やスキルレベルに合わせた、情報量と質の調整を簡単に行えるという。

 TechFeedには、「エンジニア専用に設計されたオンラインコミュニティー」であるという「チャンネル」があり、ユーザーはこれに「参加」する(フォローする)ことで、情報を収集できる。TechFeed Proではデフォルトのフォローモードである「ノーマル」に加え、「エキスパート」を用意。ノーマルでは、「フォローしたチャンネルにおける最新トレンドを押さえておきたい」というニーズに応えるような情報を表示する。エキスパートでは、ノーマルモードの情報に加え、海外のトレンドや、エキスパート向けのハイレベルな情報をリアルタイムに表示するという。

用意されているチャンネル数は200以上

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。