ニュース
» 2020年03月24日 15時20分 公開

WSLアプリのマウス入力も:Microsoft、「Windows Terminal Preview v0.10」を公開、ペインの複製をサポート

Microsoftは、オープンソースのターミナルアプリケーション「Windows Terminal Preview v0.10」を公開した。WSLアプリケーションでのマウス入力や、ペインの複製をサポートした。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年3月17日(米国時間)、オープンソースのターミナルアプリケーション「Windows Terminal Preview v0.10」を公開した。最新プレビュー版という位置付けだ。Microsoft StoreかGitHubのリリースページからダウンロードできる(自動更新も利用できる)。

 今後、Windows Terminalのリリース候補版(RC版)を近日中に、正式版(v1.0)を2020年5月に公開する予定だ。

マウス入力

 Windows Terminal Preview v0.10は、仮想ターミナル(VT)入力を使用するWindowsアプリケーションに加えて、Windows Subsystem for Linux(WSL)アプリケーションでのマウス入力もサポートするようになった。

 これは、ユーザーが「Midnight Commander」(mc)や「tmux」のようなアプリケーションでマウス入力を行えるようになったことを意味する。例えば、Windows Terminalウィンドウでmcを起動し、該当項目をクリックすると、それを認識する。アプリケーションがマウスモードであれば、VTに入力を送信する代わりに、[Shift]キーを押して選択を行える。

Windows Terminalウィンドウでmcやtmuxを起動し、マウス入力を行う例(出典:Microsoft)

設定の更新:ペインの複製

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。