ニュース
» 2020年03月25日 08時00分 公開

専用クラウドサービスを無料で利用できる:JavaScriptで開発可能なIoT入門キット「obniz Starter Kit」、CambrianRoboticsが発売

CambrianRoboticsは、IoT開発入門キット「obniz Starter Kit」を発売した。8つの電子部品モジュールが付属し、これらをボードコンピュータの専用インタフェースに接続して使う。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 CambrianRoboticsは2020年3月24日、電子部品モジュールと「obniz Board」をセットにしたIoT(Internet of Things)開発入門キット「obniz Starter Kit」を発売すると発表した。価格は8800円(税込)。JavaScript/Node.jsなどでIoTシステムの開発が可能だ。

画像 obniz Starter Kit(出典:CambrianRobotics

IoT開発の研修にも利用できる

 「obniz」は、スイッチのオン/オフやシリアル通信といったI/O(入出力)制御が可能なクラウドサービス。電子部品のファームウェアをクラウドに集約しており、個別にファームウェアを開発する必要はない。「obnizOS」をインストールした機器を、PCやスマートフォンでクラウドを介して遠隔から操作する。

 「obniz Board」は、obnizOSがインストールされたobnizの公式デバイス。micro USBで給電するボードコンピュータで、Wi-Fiでネットワークに接続できる。obnizのクラウドシステムが無料で利用できるライセンス(Liteプラン)が付属する。

 8×8ドットの「LEDマトリックス(表示装置)」、青/黄/赤のLEDが付いた「LED信号」「サーボモーター」「ブザー」「ボタン」「温度センサー」「人感センサー」「距離センサー」の8つの電子部品モジュールがキットに付属し、これらをobniz Boardの専用インタフェースに接続して使う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

8月8日10時30分〜16時30分の間、システムメンテナンスのため記事の一部表示や資料のダウンロードができなくなります。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。