ニュース
» 2020年04月03日 08時00分 公開

「会社外から見られない資料」が課題:新型コロナでテレワークの認知度急上昇か――国土交通省が「テレワーク人口実態調査」を発表

国土交通省は新型コロナウイルス感染症対策としてのテレワーク実施実態調査を含む「テレワーク人口実態調査」など3つの調査結果を発表した。2019年10月の調査と2020年3月の調査を比較すると、テレワークの認知度が急上昇している。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 国土交通省は2020年3月31日、2019年度の「テレワーク人口実態調査」など計3つの調査結果を発表した。

 今回発表したのは、テレワークの普及促進策に役立てることを目的として実施した「テレワーク人口実態調査」と、災害時や感染症拡大防止などの緊急時における対策としてテレワークの実態の把握を目的として実施した「台風15号通過日の首都圏の通勤行動の調査」「新型コロナウイルス感染症対策におけるテレワーク実施実態調査」の3点だ。

 「テレワーク人口実態調査」は2002年から実施している。本調査は、2019年10月に就業者4万人を対象に行われた。

 「『テレワーク』という働き方を知っているか」という質問では、32.7%の人が「知っていた」と回答した。これまでの調査と比較すると、17年は24.8%、18年は29.9%と、テレワークの認知度は年々上昇傾向にあることが分かった。

テレワークの認知状況(出典:「テレワーク人口実態調査」《国土交通省》) テレワークの認知状況(出典:「テレワーク人口実態調査」《国土交通省》)

 企業などに勤務する人に対し、勤務先に「テレワーク制度などが導入されている」と回答した人の割合は19.6%で、そのうち、実際にテレワークを実施したと回答した人の割合は、49.9%だった。

新型コロナウイルス感染症でテレワーク認知率が向上?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

8月8日10時30分〜16時30分の間、システムメンテナンスのため記事の一部表示や資料のダウンロードができなくなります。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。