ニュース
» 2020年04月07日 08時00分 公開

スマート工場やスマート農業の実現に向けた取り組み:富士通らがローカル5G検証システムを構築 遠隔監視やリモート作業支援の実証実験向け

富士通ネットワークソリューションズと富士通、ケーブルメディアワイワイは、ローカル5G検証システムを構築する。カメラや各種センサーなどを組み合わせて高精細映像をリアルタイム伝送し、遠隔監視やセンシング、リモート作業支援などの実証実験に活用する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 富士通ネットワークソリューションズと富士通、ケーブルメディアワイワイの3社は2020年4月6日、「ローカル5G検証システム」の構築を開始すると発表した。ケーブルメディアワイワイが、スマート工場の実現と地域課題解決に関する実証実験に使用する。同年10月に稼働する予定だ。

 ローカル5Gは、携帯電話事業者が提供する5G(第5世代移動通信システム)とは別に、地域の企業や自治体などが自ら構築できる通信システム。3社は、地域の工場や農業、自治体などが抱える課題を解決するインフラ構築の手段として、ローカル5Gの活用を研究してきた。

画像 検証設備イメージ(出典:富士通

LTEのネットワーク基盤を流用するNSA方式を採用

 今回構築するのは、ケーブルメディアワイワイに設置する5Gのコア設備と、実証実験先に設置するエッジ設備、スマート工場や農地などに設置するローカル5G基地局とBWA(Broadband Wireless Access:広帯域移動無線アクセス)基地局。今回のシステムでは、LTEのネットワーク基盤を流用するNSA(ノンスタンドアロン)方式の無線基地局を採用した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。