ニュース
» 2020年04月07日 12時00分 公開

カメラ内で目的に応じた画像処理を実現可能:ディープラーニングなどに活用可能なカメラ「VRK-C301」を発表 パナソニック

パナソニックはディープラーニングなど高度な画像解析を活用したサービス展開が可能となるカメラ「VRK-C301」の提供を開始する。CPUを搭載し、多様なアプリケーションに対応できるという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 パナソニックは、2020年4月2日、ディープラーニングなど高度な画像解析を活用したサービス展開が可能となるカメラ「VRK-C301」の提供開始を発表した。

 このカメラは、同社が提供しているIoT(Internet of Things)エッジコンピューティングを実現する「Vieureka(ビューレカ)プラットフォーム」に対応している。

Vieurekaカメラ「VRK-C301」(出典:パナソニック) Vieurekaカメラ「VRK-C301」(出典:パナソニック)

 近年、マーケティング分析や介護、看護支援、工場入退室管理などに使用するための人物属性推定や動作検出といった複雑な画像解析技術への利用ニーズが高まっている。

 同社によると、IoTカメラを利用した画像解析には、画像を意味のあるデータに変換する「画像解析」と、IoTカメラ内で画像を解析し、クラウドと分散して処理する「分散処理」、顧客、現場ごとにカメラの状態を管理する「個別管理」の3つの要素が不可欠だという。

 Vieurekaプラットフォームはこの3要素を実現するためのプラットフォームで、IoT機器による画像解析や、クラウドからIoT機器(CPU内蔵のIoTカメラ)の管理、IoTカメラ内のアプリのアップデートができ、IoT機器とAIを組み合わせたサービスを実現するために必要なアプリ開発のためのSDK(ソフトウェア開発キット)と運用基盤を提供している。

アプリケーション開発環境を拡張

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。